「史上最大」ソニーの情報流出 対応遅れに早くもプレステ離れの兆し?

印刷

   ソニーのゲーム配信サービスから最大7700万人分の個人情報が流出したとされる問題で、世界中でソニーへのバッシングが起きている。「史上最大」の情報流出になる可能性があり、厳しい批判が相次いだ。

   流出の恐れがあるのは、子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が運営するゲーム配信サービス「プレイステーションネットワーク」と、音楽、映像などの配信サービス「キュリオシティ」。2011年4月27日にソニーが発表した。

「プレステでなくXboxを選んでよかった」

   外部からの不正アクセスがあり、4月17日から19日にかけて利用者の氏名や住所、メールアドレス、パスワード、購入履歴などが流出した恐れがある。クレジットカード番号が流出した可能性についても「排除できない」としていて、極めて深刻だ。ソニーは現在サービスを一時停止し、調査を行っている。

   ネットワークの利用者は世界60か国、7700万人に及び、世界中から批判が相次いだ。

   米国の「ウォールストリートジャーナル」は「史上最大級の情報流出になる可能性」と報道した。米国の大手PC情報サイトも「ソニーは極めてひどい状況にある」と深刻視している。

   ロイター通信は、「早くもプレステ離れの兆しも出ている」というロンドンの状況を報告。「ソニーほどの会社なら個人情報はきちんと守ると普通思う」「プレステでなくXboxを選んでよかった」といった街の声を紹介した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中