長谷川洋三の産業ウォッチ 
パナソニック社長の予測:サプライチェーンへの影響悲観的に見ていない

印刷
「東日本大震災で被災した調達部品を外国のライバルメーカーの部品に置き換えるなどの動きは今のところ起きていない。サプライチェーンをいかに復活させるか努めるとともに、設計や工場などが一体になった日本のモノ作りの強さを生かして代替品をいかに作るかなどを検討したい。サプライチェーンへの影響は悲観的には見ていない」

   パナソニックの大坪文雄社長は2011年4月28日、2011年度の事業方針などを記者発表した際、震災がサプライチェーンに与える影響についての質問にこう答えた。もっとも「被災した当社の拠点は着実に復旧が進んでいるが、サプライチェーンの混乱による影響は依然として継続している」とも指摘、部材の制約が起きているマイコンなどの半導体をはじめ、事業復旧の加速に取り組むことを強調した。

   4月1日に完全子会社化したパナソニック電工と三洋電機を統合した新事業体制は2012年1月1日に発足させる段取りだ。より小さなグローバル&グループ本社を構築するなど、構造改革を進め、2010年度にコンシューマー3兆2000億円、デバイス2兆9000億円、ソリューション2兆7000億円で合計8兆8000億円の売り上げが、2012年度にはそれぞれ3兆3000億円、3兆3000億円、3兆1000億円の合計9兆7000億円、人員は2010年度の38万5000人から2012年度には35万人規模にスリム化すると想定している。

   白物家電など重複事業の集約・統合やモーター事業などの外部譲渡などを検討、拠点再編や人員の再配置を進める方針。そのための構造改革費用は2011年度で1100億円規模、2012年度で500億円規模を見込み、ソーラー、リチウム電池、LEDなどのシナジー効果を期待している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中