iPhone、自動通信で課金 総務省が指導

印刷

   総務省は、ソフトバンクモバイルに対し行政指導した。多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」に関して、利用者が知らないうちに自動的にデータ通信が行われ課金されるケースがあるとして、広告表示の改善などを求めた。2011年5月10日、同省が発表した。同社は4月中旬までこうしたケースがあることを表示していなかったという。同省は原因究明と報告も求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中