「勝手に送別会撮影」ホリエモン怒る TBS関係者は反論「手続き踏んだ」

印刷

   堀江貴文・元ライブドア社長が、TBS記者が勝手に収監前の送別会に来てビデオ撮影したと、ツイッターで怒りを露わにしている。これに対し、事情を知るTBS関係者は、反省点はあるが正当な手続きは踏んだと反論している。

   ネット上で人気のホリエモンこと堀江貴文元社長については、近く収監されるのを前に、連日のように関係者による送別会が開かれているようだ。

「何ビデオ回してるんだ!」

ツイッターで激怒
ツイッターで激怒

   TBS記者と一悶着があったのは、東京都内で2011年5月15日夜に開かれた送別会だ。堀江氏は、この記者を招待していなかったといい、ツイッターでいきなり、不快感をぶちまけた。

   記者の実名を挙げたうえで、「仲間たちとの送迎会に勝手にきて、DVカメラ回してたなう」とつぶやいたのだ。堀江氏は、送別会で「失礼なやつ」と問い詰めたものの、この記者は平然としていたとして、「やっぱり社会部と報道部は腐ってますね」とTBSを痛罵した。

   その後も発言を止めず、記者は、マスコミNGの会にもかかわらず、友だちのような素振りで入ってきたと指摘した。そして、うれしかった会なのに最悪の気分になったと吐き捨てている。

   これに対し、当日の様子をよく知るTBS関係者の話は、堀江氏の見方とは食い違っていた。

   それによると、記者の隠し撮りなどはまったくなく、正当な手続きでビデオを撮ったというのだ。

   この記者は、堀江氏とは2度会って飲んだこともあり、送別会には、ある人に誘われて行った。受付では、TBS記者としての名刺を渡し、ビデオカメラを持って入ることを明言。会場内では、堂々とビデオを回し、途中で堀江氏のマネージャーに聞かれ、経緯を説明して了承を得たという。

   最後に記者は、堀江氏に放送の了承をもらい、送別会や実刑判決への感想も聞こうとした。ところが、いきなり堀江氏が、「何ビデオ回してるんだ!」と怒り出した。

「水を差して、自分も悪かった」

   堀江貴文氏が騒ぎ出すと、送別会の友人たち数人が、TBS記者を押さえつけた。

   堀江氏も逆上して、ビデオカメラを記者から取り上げ、壊そうともした。さらに、友人たちに顔写真を撮られ、結局、映像が収まっているビデオ用メディアも取り上げられることになったという。堀江氏のマネージャーは、こうした対応は悪かったと思うと、後でこの記者に話したとしている。

   ただ、記者は、送別会の最後になって堀江氏から事後承諾を得ようとした形には変わりない。本人も、送別会に水を差す結果になって自分も悪かったと言っているという。とはいえ、前出のTBS関係者は、堀江氏のツイッター発言について、「影響力のあることを分かっていながら、記者のことを実名で書くのはフェアではない」と訴えている。

   堀江氏のマネージャーは、関係者の見方については、次のように説明する。

   送別会途中で記者に聞いたのは、一般の人からビデオ撮影のことを言われたからで、こうした人たちもいるので、撮影を控えたほしいと記者にお願いしたという。ただ、それまで撮った映像については、堀江氏の了承があればいいことを伝えたとしている。

   しかし、会の最後で、ビデオが録画状態なのを見つけ、注意したところ、堀江氏が、記者がいたことやビデオ撮影を初めて知って激怒したとした。映像については、本人の了承を得たうえで、マネージャーが保管することにしたという。マネージャーは、対応が悪かったとは記者に言っておらず、結果的に不快な思いをさせたことに気遣いの言葉をかけただけとしている。

   堀江氏自身もツイッターで、「親しい人しか呼んでない席にいきなり来て取材しはじめたら普通に切れるだろ」「仲間内の飲み会で報道のカメラ回す許可出す奴がいるか普通?」と話した。記者の実名を挙げたことについては、「対象者の人生すらズタズタにさせてしまう権力をもっているマスコミの所属者は実名を晒すべき。じゃないとフェアではない」と主張している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中