須賀川をヒマワリの街に 田植えの代わりに種まき

印刷

   震災で作付けができない水田をヒマワリ畑にするプロジェクトが、福島県須賀川市で動き出す。5月25日、同市岩瀬支所周辺の水田でボランティアや「友好都市」神奈川県座間市の協力を得て、ヒマワリの種まきが行われる。

   ヒマワリは座間市のシンボル。座間市観光協会が須賀川市を応援しようと提案、種は座間市内の有志が寄贈した。受け入れる地元は「ひまわり実行委員会」を組織。県や福島民友新聞社も支援している。

   座間市と須賀川市は、3年前から姉妹都市締結に向けた市民交流を続けており、震災後は、座間市がペットボトルの水や毛布などの救援物資を届けて支援した。須賀川市では、かんがい用に使っていたダムが震災で決壊するなどして、稲作ができなくなっている。

   25日には、座間市の応援メンバーと地元農家がいっしょになって約16ヘクタールの水田に種をまく。夏には約180万本が花を咲かせ、全国有数のヒマワリ畑になるという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中