仮設住宅わずか34戸 入居は狭き門【岩手・大槌発】

印刷
急ピッチで進む仮設住宅の建設=大槌町安渡小学校で
急ピッチで進む仮設住宅の建設=大槌町安渡小学校で

(25日大槌発=ゆいっこ花巻支部;増子義久)

   用地難のために着工が遅れていた大槌町内の仮設住宅もようやく、建設が軌道に乗ってきた。早期着工した一部地域では入居も始まり、今月16日に測量がスタートした安渡小学校の校庭にも早くも骨格が姿を現した。今月中の完成を見込んでいるが、戸数はわずか34戸。同小学校では現在、約130世帯(265人)が避難生活を送っており、入居はかなり狭き門になりそう。最終的には抽選によって入居を決めることにしているが、被災者にとって"安住の地"への道のりはまだまだ遠い。



ゆいっこは民間有志による復興支援組織です。被災住民を受け入れる内陸部の後方支援グループとして、救援物資やボランティアの受け入れ、身の回りのお世話、被災地との連絡調整、傾聴など精神面のケアなど行政を補完する役割を担っていきたいと考えています。
岩手県北上市に本部を置き、盛岡、花巻など内陸部の主要都市に順次、支部組織を設置する予定です。私たちはお互いの顔が見える息の長い支援を目指しています。もう、いても立ってもいられない───そんな思いを抱く多くの人々の支援参加をお待ちしています。
■ホームページ http://yuicco.com/
■ツイッター @iwate_yuicco

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中