日弁連、君が代起立条例案に批判声明

印刷

   日本弁護士連合会(日弁連)は2011年5月26日、大阪府議会に提出された「君が代起立条例案」を批判する声明を発表した。条例案は、君が代斉唱の際の起立・斉唱を義務化するもので、橋下徹府知事が代表の「大阪維新の会」府議団が成立を目指している。

   宇都宮健児会長名で出された声明は、「思想・良心の自由等の基本的人権の保障に加え、教育の内容及び方法に対する公権力の介入は抑制的であるべきという憲法上の要請に違反する」として、条例案が可決されないことなどを求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中