菅首相、「突然の表明」を陳謝 太陽光パネル「1000万戸」問題

印刷

   菅直人首相は、国際機関の式典演説で「太陽光パネル1000万戸設置」方針を閣内調整・連絡を経ずに表明したことについて陳謝した。2011年5月31日の閣僚懇談会で、出席者から、「重要な公表をする際は、事前に閣僚と情報・意識の共有を」と指摘され、菅首相は「気をつけたい」と述べた。

   「1000万戸」発言をめぐっては、エネルギー政策を所管する海江田万里・経済産業相が5月27日の会見で、「残念ながら報道された発言録しか読んでない」と発言していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中