菅首相「震災対応めどで若い世代に引き継ぐ」

印刷

   菅直人首相は2011年6月2日昼、民主党代議士会で、東日本大震災の対応に「一定のめど」がついた段階で、「若い世代の皆さんに色々な責任を引き継いでいただきたい」と語った。代議士会は、衆院本会議で内閣不信任決議案の採決がある直前に行われた。案に賛成する意向を示す民主党議員が増え、可決の可能性もささやかれていた。

   首相発言をめぐっては、「首相が辞任意向を表明」などとも報じられているが、「一定のめど」の表現をめぐり解釈にはぶれがある。あくまで「辞任示唆」にとどまる、との見方を伝えているメディアもある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中