「けいおん!」などトレース疑惑 北海道の「ご当地商品」会社が謝罪

印刷

   観光土産を開発・卸売している北海道の会社が、人気アニメ「けいおん!」などのキャラクターをトレースし、「ご当地萌え」の商品とうたっているとの疑惑が出ている。この会社は、著作権侵害の可能性を認めて謝罪し、商品回収を始めた。

   疑惑が指摘された会社は、北海道石狩市の日本観光商事。そのホームページを見ると、北海道、東北、関東などの土産店約1000店と取引して、自社開発商品を卸しているとある。

「けいおん!」の1シーンをそのままトレースした疑い

   民放キー局のテレビ番組でも、その「ご当地」商品はたびたび紹介されているようだ。

   疑惑が指摘されたのは、2ちゃんねるのスレッドなどだ。2011年6月9日にスレが立ち、大阪をイメージした「なにわ萌え」のキャラが、「けいおん!」のヒロインにそっくりではないかとの書き込みがあったのだ。

   早速画像の検証が始まり、「けいおん!」の1シーンをそのままトレースした疑いが強まった。実際、画像を重ね合わせてみると、ほとんどピッタリ符号したというのだ。

   さらに、東京・秋葉原をイメージした「アキバ萌え」、京都・新撰組をイメージの「誠萌え」が、人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のヒロインとデザインが一致すると指摘された。このほか、沖縄や北海道の「ちゅら萌え」「ピリカ萌え」が、ゲームがアニメ化された「うたわれるもの」のキャラをトレースしているとされている。

   これらの萌えキャラは、ドロップスやガム、マウスパットなどの商品になっているようだ。

   これらの指摘が出た後、商品を出している日本観光商事では、サイト上でこの日のうちに、お詫び文を出した。

ブログ写真パクリの疑いも

   お詫び文では、「ご当地萌え」シリーズについて、「他社の著作権を侵害するものではないかとのご指摘をいただき、弊社内部で調査及び専門家への確認を行ったところ、他社の著作権に十分な配慮を怠った可能性が高いことが判明いたしまいた」(原文ママ)と説明。そして、「複数の見解があるものの、現在のデザインで販売を継続することは不適切であると判断し、回収、廃棄及びデザインの変更を行うことを決定致しました」としている。

   ところが、2ちゃんではその後、萌えキャラばかりでなく、商品の関連写真もブログなどからそのままパクっているとの指摘が出た。

   例えば、「栃木限定しもつかれ風ドロップス」の商品パッケージ写真は、あるブログの2009年1月3日付エントリーにあった栃木の郷土料理紹介写真とほぼ一致している。このブロガーは、コメントで読者から報告され、「勿論、許諾などありません」と憤りを示し、「対応については、今後関係者とも協議して慎重に進めたい」と答えている。

   さらに、「山形いも煮風ドロップス」が旅館サイトの写真を、「盛岡冷麺風ドロップス」が社団法人の登録研究会サイトの写真をそのまま使った疑いがあるなど、いくつもの指摘が出ている。

   日本観光商事の広報担当者は、取材に対し、「弁護士と相談しながら対応している段階」だとして、「具体的なことは申し上げられません」と繰り返した。ただ、商品の回収は、10年6月10日から始めたという。

   ブログなどからの写真無断使用については、「何かありましたらホームページで報告しますので、今は何も申し上げられません」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中