もんじゅ、23日午後にも装置引き上げへ

印刷

   機器落下事故の復旧作業が長期化している日本原子力開発機構(原子力機構)の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で2011年6月23日午後、ついに機器を引き上げる作業が始まる。22日には、引き上げた装置を外気から遮断して収納する容器の設置を終え、最終的な確認作業を進めている。

   もんじゅでは、10年8月26日、核燃料を交換する際に使用した「炉内中継装置」(ステンレス製、長さ12メートル、直径55センチ、重さ3.3トン)を原子炉内で引き上げる作業を進めていたが、2メートル引き上げた時点で原子炉容器内に落下。装置が内部で「引っかかった」状態で、何度も引き上げ作業に失敗してきた。このため、中継装置だけを引き上げることは断念し、周りの部品ごと引き上げるという方針に転換していた。

   原子炉容器内には、水分と反応すると爆発する性質を持つ液体ナトリウムが使用されていることから、今回の作業で爆発事故が起こる可能性を懸念する声も多い。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中