「福岡から屋台が消えていいのか」 市長がツイッターで議論呼びかけ

印刷

   全国一の規模を誇りながら、路上での営業許可を「原則一代限り」だと定めた規制が原因で減少が続いている福岡市の屋台について、存続に向けた対応策を検討することになった。高島宗一郎市長が市議会で明らかにしたもので、ツイッターでも「みなさんはどう考えますか?」と、議論を呼びかけている。

「一代限り」規制でピーク時の半数以下に

   中洲(博多区)や長浜(中央区)で展開されている屋台は全国的に有名で、ピークの1965年頃には400軒を超えていた。だが、都市化が進むにつれ、屋台から出るゴミや臭い、酔った客の扱いなどが問題化。90年代半ばになって、福岡県警が営業権の譲渡禁止と「使用許可は一代限り」との方針を打ち出した。だが、食文化や観光資源の観点から、存続を望む声も多く、96年には学識経験者や地域住民でつくる「屋台問題研究会」が立ち上がり、議論が進んだ。市は、議論を受ける形で「屋台指導要綱」を定め、ルールを明文化。その中でも「一代限り」の文言は残ったこともあって世代交代が進まず、現在残る屋台は140~150軒と、ピーク時の半分以下。存続を危ぶむ声も多い。

   このような状況に対して、高島市長は2011年6月20日の市議会本会義で、

「福岡から屋台が消えてなくなっていいのか」

と述べ、

「道路の占用や食品衛生上の課題、屋台の位置づけやあり方について検討したい」

と、「一代限り」の見直しに向けて検討したい考えを打ち出した。

   同日19時26分には、高島市長はツイッターで、

「福岡市には全国の屋台の4割がありますが『原則1代限り』の方針があり、このままだと福岡の街から屋台は消えます。ルールを守ることが前提ですし、道路占用や衛生面などの課題もありますが、私はこれらの課題を克服しながら、屋台を福岡の街に残すべきだと思います。みなさんはどう考えますか?」

と、問題提起。

「お上が守ろうとした時点でアウト」との声も

   ツイッター利用者からは、

「現実には人が離合(本土言葉だと『すれちがう』)ことすら出来ないくらい歩道を占拠してるとこもあって、地元民にはジャマきわまりないです」
「ぼったくりによる福岡のイメージ損失は計り知れません。2度とこないと言う人が大勢います」
「屋台フェスタとかできないんですかね。観光客に関しては、情報発信が重要だと思います」
「(編注: 相場よりも安い道路の占有料で優遇されるなど)お上が守ろうとした時点でアウトなんですよ。山笠は、お上が手を出さなかったからあそこまで残り、そして熱いのです」

といった声が寄せられ、「課題山積」といったところだ。福岡市出身の芸能レポーターの井上公造さんも、

「昔に比べると明らかにレベルが落ちてきています。味だけじゃなく、経営の仕方もその場しのぎ。ルール作りは絶対必要です」

と書き込んだ。

   高島市長は23時46分、

「この議論は熱くなりそうですね。 議会が終わったら、今日頂いた意見を参考にして今後の進め方を検討しますね」

と書き込み、関心の高さに驚いている様子だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中