「せっかく忘れてたのに」 2ちゃんねる「鮫島事件」が映画化

印刷

   2ちゃんねるで10年ほど前からネタにされている都市伝説「鮫島事件」をテーマにした映画が公開される。「2ちゃんねるの呪い 劇場版」というタイトルでネットでは早くも話題だ。

   映画は配給元のジョリー・ロジャー社から4作品出ているDVDシリーズ「2ちゃんねるの呪い」でも監督を務めてきた永江二朗さんがメガホンをとり、アイドルグループ「アイドリング!!!」の尾島知佳さんが映画初主演。2011年8月6日からワーナー・マイカル・シネマズ板橋などで公開される。

「公安が絡んでる」「遺族のことを考えろ」

どんなストーリーになるのだろうか。
どんなストーリーになるのだろうか。

   テーマとなっている「鮫島事件」は、2ちゃんねるで「語ってはいけない」とされる「架空の事件」。映画では、「鮫島事件の真相を知りたい」というスレッドにある日「しかたない、それでは本当のことをお教えしましょう…」という書き込みがあり、登場人物が次々と事件に巻き込まれていく。

   鮫島事件については、今でも時折2ちゃんねるで話題になり、何か情報が書き込まれる度に「お前、それ以上書き込むと消されるぞ」「公安が絡んでる。やばすぎる」「遺族のことを考えろ」などと警告されるのが一種の「お約束」になっている。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは

「ネットがまだそれほど一般的になってない2001年頃、ネット的には先史時代からあるネタですね。発祥は2ちゃんねるのロビーかラウンジだったかと思います」

と当時を振り返る。

23時からのテレホーダイタイムに盛り上がる

   井上さんによると、当時の2ちゃんねるは20~30代の編集者や研究者らシャレの好きな人が多く、架空の事件をでっち上げるなど、ネタをネタとして楽しむ気風があった。また、当時はダイヤルアップ回線で、夜中23時からのテレホーダイタイムにネットに接続する人も多く、怖い話が非常に盛り上がったのだという。

「当時から何か書き込まれると『鮫島は日本のタブーに触れる。関西人なら分かるよな』などと警告されていました。事件の現地とされる場所から実況書き込みをする人もいて、途中で書き込みが途絶えると『警察に通報した方がいいんじゃないのか』『いや、関係者に公安がいるからそれはやばい』と夜中にワクワクしたものです。騙された人も結構いたんじゃないかと思います。私も最初はライターとして現地に行って取材しなきゃいけないんじゃないかと使命感を感じましたから(笑)。なぜ今さら映画化なのか、という感じもしますが、懐かしくて心が温まりますね」

   ジョリー・ロジャー社によると鮫島事件を既にDVDで作品化していて、レンタルでは非常に好評だったという。「劇場版はホラー好きの方はもちろん、2ちゃんねるを見る若い方、アイドリング!!!が好きな方も楽しめる作品です」と話している。

   ネットでは早くも話題となっていて、2ちゃんねるやツイッターには「監督消されるぞ」「絶対撮影でなんか起こるだろ…」「おいやめろ」「せっかく忘れてたのに」といった反応が寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中