仮設住宅にもランクあり どれに当たるかは時の運【岩手・大槌発】

印刷

(ゆいっこ大槌;赤崎友洋)

大槌町では仮設住宅の抽選がすべて終わりました。

しかし、まだまだ建設途中の住宅がたくさんあります。

そして、仮設住宅にもランクが存在するようです。


news_p100912_1.jpg

上記はオーソドックスなプレハブ型です。


news_p100912_2.jpg

こちらはハウスメーカー製です。


news_p100912_3.jpg
news_p100912_4.jpg

そしてこちらは、私が大槌町で見た中で一番きれいだった安渡地区の木造仮設住宅です。

news_p100912_5.jpg
news_p100912_6.jpg

正直、下手なアパートよりもきれいですね!?

しかもこちらには、物置に出来るようなロフト・下駄箱が付いています。


何処に当たるかは時の運ですが、町民の皆様が不自由の無い生活が出来ることを祈るばかりです。



「ゆいっこ」は民間有志による復興支援組織です。被災住民を受け入れる内陸部の後方支援グループとして、救援物資やボランティアの受け入れ、身の回りのお世話、被災地との連絡調整、傾聴など精神面のケアなど行政を補完する役割を担っていきたいと考えています。
岩手県北上市に本部を置き、盛岡、花巻など内陸部の主要都市に順次、支部組織を設置する予定です。私たちはお互いの顔が見える息の長い支援を目指しています。もう、いても立ってもいられない───そんな思いを抱く多くの人々の支援参加をお待ちしています。
■ホームページ http://yuicco.com/
■ツイッター @iwate_yuicco

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中