なでしこ熊谷「監督批判は事実ではありません」

印刷

   宴席での発言内容を男子大学生によってツイッターに投稿された問題で、サッカー女子日本代表DFの熊谷紗希選手は2011年7月21日、「私の軽率な行動が、今回のような事態を招くことになってしまい、本当申し訳なく思っています」と自身のツイッターで謝罪した。

   監督批判をしたとされる件については、「事実ではありませんが、間違いなく私の言葉足らずで、誤解を招いてしまうような発言が原因です」と否定。チーム事情についても、「事実とはかけ離れた表現で書かれてあり、内容は事実ではありません」と説明した。

「監督をはじめ、チームメイト、関係者の方々、応援してくださっている全ての方々にご迷惑をおかけしたことを、この場を借りて深くお詫び申し上げます。今後は、サッカーの面だけでなく、全ての面で意識を高く持って、一からやっていきたいと思います」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中