福島県、18歳以下全員に甲状腺の追跡調査

印刷

   福島県は2011年7月24日の県民健康管理調査検討委員会で、福島第一原発事故時点で18歳以下だった子ども36万人全員を対象に、甲状腺検査を行うことを決めた。10月から福島県立医科大学でスタートし、11月からは県内の他の医療機関でも対応する。

   検査は2014年3月まで2年半をかけて行われ、その後も20歳未満では2年に1回、20歳に達してからは5年に1回のペースで、定期的に検査・健診を続ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中