規制強化も影響せず? 円高で個人のFX投資熱高まる

印刷

   米債務問題を背景にした円高相場に、2011年8月1日から50倍から25倍に上限が引き下げられた証拠金倍率(レバレッジ)規制が重なったことで、外国為替証拠金取引(FX)に参加する個人投資家の思惑が入り乱れている。

   東日本大震災直後の円急騰で多額の損失を出した投資家も少なくなかったとみられるが、4月以降のドル円取引量は震災前の1~2月を上回っている。相場が大きく揺れ動いて、個人投資家の投資熱は高まっている。

円安に振れるのは一時的?


FX取引は8月1日からレバレッジ規制が強化された(写真は、「くりっく365」のホームページ)
FX取引は8月1日からレバレッジ規制が強化された(写真は、「くりっく365」のホームページ)

   円高要因となっていた米債務の上限引き上げ問題は7月31日夜(日本時間8月1日朝)、オバマ大統領が緊急会見し、「米議会と与野党幹部は債務上限引き上げで妥協に達した」と述べ、デフォルト(債務不履行)は回避される見通しとなった。

   これによって、東京外国為替市場のドル円相場は一時的に円安に振れたが、1日17時には1ドル77円52~54銭前後と、前週末の7月29日17時に比べて6銭円高ドル安に動いた。

   外為どっとコム総合研究所の植野大作社長は、「(米債務の上限引き上げの合意は)おそらく(議会を)通過するのでしょうが、通過しないことにはデフォルトを回避したとはいえません」という。

   その後は77円台半ばで推移しているもの、「いつ円高に振れても不思議ではない状態が続いています」と話し、円買い・ドル売り基調がなお優勢な気配にある。

   植野社長によると、ポイントは債務上限の引き上げ幅と米経済情勢にあるという。「引き上げ幅が十分であれば、米経済のファンダメンタルズ次第で1ドル85円まで期待できます。しかし上げ幅が不十分だと、大統領選までに再び問題が蒸し返されます。米経済によほどの好材料が出てこなければ、さらなる金融の量的緩和が必要となって、過去最高値の1ドル76円25銭を突破する可能性もあるでしょう」とみている。

レバレッジ規制、影響は「ほとんどない」との見方

   一方、FXのレバレッジ規制の上限は8月1日から、これまでの50倍から25倍に引き下げられ、強化された。少ない元手で大きく儲けることができるFXの魅力が薄れたことで、FX業者らは取引量が減ることを懸念していた。しかし、今のところそれも杞憂のようだ。

   為替相場の動きが活発なこともあって、個人投資家の意欲は旺盛。「くりっく365」を運営する東京金融取引所(金融取)によると、7月の米ドル円取引は前月比13.2%増で、1日平均約12万枚が取引された。8月1日の取引量は、18時点で12万1227枚と「少なくない」(金融取)。レバレッジ規制の影響は軽微とみられる。

   マネックス証券は、「(規制強化の)影響はほとんどありません」と話す。レバレッジ規制が段階的に引き下げることになっていたため、「予定どおりであり、また当社は09年9月から自主的に25倍を上限に運用してきたこともあります」と説明する。

   ただ半面、レバレッジの25倍規制を、7月から前倒しで導入していたFX大手の外為どっとコムは、「現段階ではなんとも言えないが、(影響は)出てくると思う」と、慎重な見方もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中