「侵略主義の血」「外交的横暴」… 鬱陵島視察で韓国メディアが感情的批判

印刷

   竹島(韓国名: 独島)の「前線基地」とされている鬱陵島(ウルルンド)への視察を計画していた自民党の国会議員3人が韓国政府から入国拒否された問題で、韓国側の批判が高まっている。空港で行われたデモでは議員の顔写真が燃やされたほか、現地メディアは、「招かれざる日本の極右たち」などと、3人に対する敵意をあらわにしている。

   入国拒否されたのは、自民党の新藤義孝衆院議員(53)、稲田朋美衆院議員(52)、佐藤正久参院議員(50)の3人。

征韓論主張した西郷隆盛になぞらえる

   2011年8月1日朝、羽田空港からソウル・金浦空港に降り立ったものの、直後に「公共の安全を害するおそれがある」などとして入国拒否を通告され、約9時間後の羽田行き最終便で帰国した。

   韓国側の反発は激しく、金浦空港に500人、鬱陵島行きのフェリーが出る浦項港には200人のデモ隊が終結。3議員の写真を燃やす人や、3議員の写真が貼られた棺おけを運び込む人、唐辛子の粉をばらまく人などが次々に出現した。

   現地メディアも、そろって3議員の訪問には批判的だ。各メディアがそろって強調しているのが、3議員の経歴だ。団長の新藤議員は硫黄島で戦死した栗林忠道中将の孫で、稲田議員は東京裁判や、いわゆる南京大虐殺に否定的な立場を取っている。佐藤議員は自衛隊の出身だ。このようなことから、「右翼議員」だとして攻撃を強めている。

   例えば、朝鮮日報は、「招かれざる日本の極右たち」と題した記事で3人の動きを詳報。

「午後3時ごろには航空会社が準備したビビンバで昼食を取った。」
「一行は帰国直前に随行員を通じ、空港の免税店で韓国産ののりを購入した」

といった、かなり細かい行動まで報じた。また、論説では

「日本の世論を扇動する効果を得ようという計算が見える。19世紀末、征韓論を主張した西郷隆盛は、自分を朝鮮使臣として送り出してほしいと頼み『朝鮮が私を殺すなら、それを理由に朝鮮を討てばいい』と語った。自民党議員による鬱陵島訪問計画は、日本の右翼の源としてあがめ奉られる西郷隆盛の戦術をまねたという話もある」

と、西郷隆盛を引き合いに出して、日本の世論が高まることへの警戒感を示した。

韓国の議員は島根県に来て抗議行動をしている

   中央日報も、

「自分が金浦(キンポ)空港で追い返される場面をできる限り浮き彫りにして日本国民の感情を刺激し、独島を外交・領土紛争地にするという意図をはっきりと表したのだ」

と、同様の見方で、与党・ハンナラ党幹部の

「自民党議員らが入国を強行するのは、違った形での侵略行為だ」
「今回訪韓する日本議員らは刃物を持っていないだけで、韓日関係を真っ二つに切る刺客と何が違うのか」

といった発言を報じている。

   また、東亜日報は、社説で「『侵略主義の血』拭うことができない日本」と題して、

「韓国人の国民感情を全く考慮しない外交的横暴だ」
「韓国は、独島を紛争地域化しようとする日本の策略に巻き込まれない慎重な姿勢が必要だ。日本の保守系は、歴史的に挑発の選手だ」

などと感情的な批判を展開した。

   日本側も決して黙っている訳ではなく、佐藤議員はツイッターで

「日本の国会議員が鬱陵島に行って韓国の国会議員と竹島シンポジウムを行うのも良いし、逆に韓国の国会議員を日本や島根に呼んで行うも良し。立場の違いを理解し議論が大事。日本は入国拒否をしないので韓国国会議員を日本に呼んで議論するのが現実的か?」
「韓国国民は、韓国の議員や韓国有識者等が2月22日に島根県に来て抗議行動をしていることを(知っているのか)。その際、日本政府は入国禁止措置を取ったり、竹島博物館を見ることを拒絶したことはない。どれだけの韓国国民が知っているのだろうか?」

などと応戦している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中