ボブ・サップが韓国で催眠術師になっていた 「ザ・ビースト」はいま「脳」に興味

印刷

   ボブ・サップさん(37)が韓国で、催眠術師になっているのだという。テレビにも出演し、韓国では知らない人がいないほどの人気ぶりだと、日本のテレビ番組が紹介した。

   サップさんといえば2002年に日本の格闘技界に彗星のごとく登場。2メートルの身長と155キロという巨漢、規格外のパワーで対戦相手をノックアウトして人気が急上昇。多くのバラエティー番組やCMにも起用され、一時期は「日本で一番多忙なタレント」だと騒がれた。03年大晦日に行われた元横綱の曙太郎さんとの対戦はTBS系で生中継され、裏番組のNHK「紅白歌合戦」を民放が史上初めて瞬間最高視聴率で上回った、と話題になった。

「ブラマヨ」吉田がいきなり「ワン!」

   サップさんが韓国で催眠術師として大ブレイクしている、と報じたのは11年8月5日に日本テレビ系で放送した「ザ・追跡スクープ劇場」。韓国の有名番組「スターキング」に登場し催眠術を披露する様子や、街頭インタビューなどから、「韓国の殆どの人が知っている有名人」などと紹介した。

   そしてサップさんは、この日の「ザ・追跡スクープ劇場」に登場。お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さんに催眠術を掛けた。実際に掛かってしまったのかどうかは分からないが、吉田さんは突然「ワン!」などと犬のような声を出し、

「落ち着いていくような、感じは、ありましたね」

などと感想を述べた。

   それにしてもなぜ催眠術師の道を選んだのだろうか。番組でサップさんは、動物行動学を学んでいるうちに興味の幅が広がり、人間の脳についても勉強するようになった。

「そしていつの間にか催眠術に行き着いたんです」

などと説明した。

   実はサップさん、かなりのインテリで、もともとは医者になりたかった。卒業したワシントン大学にはアメリカンフットボールの奨学生として進学したため、プロフットボール選手と医師の両立は困難と断念するも、薬学と社会学を専攻。毎日フットボールの練習を6~8時間行う一方、夏休みや冬休みは休まず勉強に励んだ。その結果、3年で卒業することができたのだそうだ。

   卒業後はプロ選手になるものの怪我が続いたため無念の引退。02年に日本デビューするまで医療保険会社で働いていたこともあるという。

避難所を訪問し「日本の力になりたいと強く思っています」

   それではもう、格闘家は辞めてしまったのだろうか。実は「ザ・ビースト」(野獣)と恐れられたサップさん、07年頃から負けが続き、主戦場はプロレスに移っていった。試合のドタキャンやファイトマネーを巡るトラブルも相次いだ。昨年末の大晦日にTBS系で放送された格闘技イベントに登場する予定だったが、またもドタキャン。主催者を怒らせ、もう日本のリングには戻れないのではないか、との噂もある。

   サップさんを久しぶりに見たのは、11年4月28日に福島県双葉町の避難所を訪問したときの映像。胸に「日の丸」が描かれたTシャツを着て、たくさんの救援物資を軽々と運んでいた。サップさんは、これまで日本の方々から感謝しきれないほどの声援を頂いてきた、とし

「被災された方々や、被災した町の現状、復興を世界中にお伝えし、少しでも日本の皆さんの力になりたいと強く思っています」

といったメッセージを出していた。

   番組ではサップさんに対し「格闘技は辞めたのか?」という質問が出た。サップさんはそれを否定し

「8月にドイツでキックボクシングの試合に出る」

と話していた。これからは催眠術師と格闘の2足のわらじを履くということのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中