関電管内の火力発電所が故障 お盆明けの電力逼迫か

印刷

   関西電力は2011年8月14日、火力発電所「堺港発電所2号機」(大阪府堺市)が故障して運転を停止したと発表した。再開には少なくとも数か月かかるといい、お盆明けの電力受給が逼迫する可能性も出ている。

   2号機は13日午前、警報が出て運転を自動停止した後、原因を調べた結果、ガスタービンの羽根の一部が損傷しているのが見つかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中