W杯予選、吉田ゴールで白星 FIFA発表の「YASUDA」に困惑

印刷

   2011年9月2日に行われたW杯アジア3次予選で、日本は北朝鮮を1-0で下し、白星スタートを飾った。

   日本は立ち上がりからボールを支配し、MF柏木陽介やFW香川真司がシュートを放ったがゴールにつながらず、0-0で前半を折り返した。後半、FW清武弘嗣とハーフナー・マイクを投入したが苦しい時間が続き、ロスタイムに突入。引き分けと思われた終了間近にDFの吉田麻也が右クロスを頭で合わせ、これが決勝点となった。

   幸先のいいスタートとなったが、試合後にちょっとしたハプニングがあった。吉田のゴールについてFIFA(国際サッカー連盟)の公式サイトでは「Goal Michihiro YASUDA (90'+4)」と、今回代表入りしていない安田理大(フィテッセ)の名前が誤って掲載されたのだ。 これに対して吉田は自身のブログで「それはダメっ!!俺Maya Yoshida!!!!!!!!どうしてくれるんだよ、俺の手柄!泣」と涙のコメント。

   安田理大もツイッターで「vs北朝鮮で決勝ゴールを決めた安田です」と冗談をいい、「FIFA公式サイト、その間違いは恥ずかしすぎやろ。。確かに気持ちは一緒に闘ってたけどさ。。麻也ごめん。。なう。」とつぶやいた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中