「汚染物質の貯蔵施設、原発敷地に受け入れも」東電社長が示唆

印刷

   東京電力の西沢俊夫社長は9月7日、放射線に汚染された土壌などの中間貯蔵施設の設置について、福島第1原発内で受け入れる考えがあることを明らかにした。

   出席した福島県議会の全員協議会での発言。汚染土壌などを原発(敷地内)に一時的に受け入れるべきだ、という指摘に対し、「重く受け止める。国と相談したい」と述べた。協議会後、報道陣に対しては「国からの依頼と、地元の合意があれば、社としてできることを最大限取り組んでいきたい」と答えた。

   中間貯蔵施設の県内設置について、細野豪志原発事故担当相は原発施設を設置場所の候補として挙げている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中