杉本彩が語った「1万字の真実」 母・妹との骨肉の確執再燃

印刷

   「愛とエロスとユーモアのある家庭を作りたいです」と語り、所属事務所の副社長と再婚したばかりの女優、杉本彩さんが2011年9月6日、「私の結婚を喜ばない家族たち」と題したブログを綴った。一万字に及ぶ長大なものだ。

   この「家族」とは、昨年から絶縁状態だった杉本さんの母と妹のこと。なぜ肉親との確執がここまで深刻になったのか。

「私は結婚を認めません」と怒る母

1万字綴られた杉本彩のブログ
1万字綴られた杉本彩のブログ

   9月6日発売の「週刊女性」に、「あんな男を松山家にいれるなんて許せない!杉本彩の婿取り再婚に絶縁母・妹が涙の激怒」という過激なタイトルが踊った。

   記事によれば、母親は婿となった男性がとにかく気に入らないようで、「私、結婚って聞いて震えがきました・・・。すごくショックで、言葉では言い表せない。うちの家柄とは合わないです。私は結婚を認めません」と、それこそ「ショック」なコメントをしている。

   これに対し杉本さんは、夫と自分の名誉のために「フェアに反論させて頂こうと思いました」として、これまでの経緯と思いの丈を語り始めた。

   絶縁のそもそもの発端は、自身で立ち上げた化粧品会社を妹夫婦に任せたことにあるという。

   ところが、経営方針で対立し、話し合いにも応じてもらえず、弁護士まで立てられてしまう。結局、会社から身を引いて、妹と同居していた母への仕送りも停止したという。

   すると、今まで中立の立場をとっていた母が一変、「こんな娘に生んだ覚えはない」などと暴言を浴びせるようになり、絶縁せざるを得なくなったという。

「妹たちから逆恨みされるならまだしも、母から恨まれる理由は何一つない」

   杉本さんはそう綴る。

「名家」に執着する母に「嫌悪感、感じてた」

   週刊女性の記事によれば、母親は、「父が亡くなる前に京都の名家である"松山家を頼むで"っていわれて、私は必死で守ってきたんですよ・・・」と話している。「名家の松山家」に強い自負と思い入れがあるようだ。

   杉本さんの夫は、「エロスの伝導師」として杉本さんが再ブレイクするのに一役買った人物。「みんな、杉本彩さんはポルノ女優っていってはるよ" って。(中略)自分の娘が杉本彩って言うのが本当に恥ずかしくて」との母の発言からすると、夫は「娘をポルノに引き入れた男」ということなのだろう。

   これに対し、杉本さんは「『上品、上品・・・』『家柄がいいとか、悪いとか』と口にする、上品ぶった母」に育てられ、「家柄とかなんとか、人を見下したような物言いをする母に大変嫌悪感を感じておりました」と打ち明けた。

   杉本さんは10年に出した自伝「リベラルライフ」で、サラリーマンだった父親の借金や、両親の離婚、15歳で経済的に一家を支えることとなった激動の半生を綴っている。これを読むと、この「名家」を守ってきたのは娘の杉本彩さんなのではないか、という印象だ。

   約1万字の壮大な「反論」の最後には、「昔の私なら、震えがくるほど怒り、悲しみ、絶望したことでしょう。しかし、私はもはや、この問題が勃発したときに、怒り尽くし、泣き尽くし、家族への期待などすべて無くしてしまったのです。ですから、淡々と今は受け止めております」と落ち着いた表情を見せたが、「私が穏やかな幸せを手に入れる道のりは、まだまだ険しいようです」と切っても完全には切れない「家族」の確執を伺わせた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中