「死の街」発言は「不穏当で不適切」 藤村官房長官が苦言

印刷
記者会見に臨む藤村修官房長官
記者会見に臨む藤村修官房長官

   藤村修官房長官は2011年9月9日午後の定例会見で、鉢呂吉雄経産相が東京電力福島第1原子力発電所周辺の自治体の様子について「まさに死の街」などと述べ、野党が反発している問題で、「言葉の使い方が不穏当で不適切」などと苦言を呈した。ただし、野党側が指摘している野田首相の任命責任については、

「言葉を十分に選んで適切に発言して欲しいという立場だが、それがただちに(大臣としての)適格性ということにつながるとは思わない」

と述べるにとどまった。

   野田内閣発足以降、フリーランスなど内閣記者会に所属しない記者が参加できる官房長官会見は今回が初めて。現時点でフリーが参加できるのは、平日に2回、週に10回おこなわれるうち金曜午後のみだが、

「引き続き、私はこの形でやっていきたいと思っている」

と、フリーの参加機会を増やすことには否定的な見方を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中