高岡蒼甫はヘタレの「裏切り者」なのか? 自筆の「謝罪文」発表にファンは複雑

印刷

   俳優の高岡蒼甫さん(29)が新しい所属事務所が決まったことを2011年10月17日に報道各社にFAXで報告、そして「韓流偏重」のフジテレビやスポンサー企業へのデモ騒動のきっかけを作ったことについて謝罪した。今後はブログや「ツイッター」での発言は一切辞めるという。

   ネットでは今回の謝罪について、俳優としての苦しい立場に立っていたことを理解し、「つらかったろう。今までありがとう」という応援もあるのだが、「正しいことをしてなぜ謝罪する!?」「裏切り者は最低の人間だ!」などといった批判も出ている。

今後「デジタル的な発言は一切慎む」

   高岡さんが報道各社に宛てたFAXの文章は自筆で書かれている。演技者である自分の発言が様々な方面で波紋を広げ、大変な迷惑をかけてしまい、反省している、と謝罪。今後は誤解を招かぬよう、デジタル的な発言は一切慎む、とした。今後伝えて行けるのは、芝居やそれに関する表現だけで

「プライベートな発言も今後できません」

と書いた。自分が今回受けたのは、人としてありがたい試練であり、この経験を生かして俳優として精進したい、と結んだ。

   高岡さんは11年7月23日に自身の「ツイッター」で、「TV局の韓国おし無理。 けーPOP、てめーの国でやれ」などとフジテレビの「韓流偏重」を指摘。これがネットで大きな反響を呼び、テレビの偏向報道、韓流批判が盛り上がり、大規模なフジテレビへのデモや、スポンサー企業へのデモ、不買運動などにつながった。

   高岡さんは7月28日、当時の所属事務所を離れることを公表。その後も一時はブログでテレビ局批判や、将来の日本を憂いをつぶやき、ネットでは「英雄」として持ち上げる人も出たが、8月10日付けのブログで突然、「一連の発言は社会人として配慮にかけていた」などと謝罪していた。

「つらかったろう。ありがとう」の応援メッセージも

   ネットでは今回、高岡さんが改めて「謝罪文」を公表したことについてさまざまな反応が起きている。

   批判する側の声としては、自分から拳を上げ日本をよくしようと煽ったくせに、何らかの圧力が掛かったために「全面撤退」を表明した、とし、

   「裏切り者!」「屁タレ野郎wwww」「腰抜け野郎www」などと嘲り

「おいおい、国士気取って偉そうな発言しておいて、なんなのこのみっともなさ」
「完全にフジの勝利じゃん。悪くないのに謝ったら、悪くないことが悪くなるんだよ。負け負け」
「言いたいこと言える世の中にしたいとか、たいそうなこと言ってなかったか?」

など手厳しい。

   ただし、高岡さんのこれまでの発言を労う声も少なくない。俳優という立場なのに仕事先のテレビ局を非難したのは勇気ある行動であり、様々なプレッシャーの中で今まで本当に頑張ってくれたから「普通の生活に戻る時期」「僕らは君の屍を越えて行く」とし、

「高岡のおかげで目が覚めた日本人がいっぱいる 。謝る必要など何にもない」
「後はみんなが引き継ぐ。つらかったろう。ありがとう」
「おかげで皆が動き出したわけだし。感謝してるよ。がんばれ高岡」

などの応援のメッセージも出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中