W杯予選、北朝鮮が新聞記者の入国「拒否」 「許可」は専門誌など10人だけ

印刷

   2011年11月15日に北朝鮮・平壌で行われるサッカーの「2014 FIFAワールドカップブラジル アジア3次予選」の日本対北朝鮮戦の取材について、日本の一般紙とスポーツ紙記者の北朝鮮入国の許可が下りなかったことが分かった。

   日本サッカー協会が11月2日、明らかにした。スポーツ紙各紙の報道などによると、北朝鮮当局に一般紙の記者ら51人の取材者リストを提出したところ、認められたのは、通信社である共同通信やサッカー専門誌などの記者6人、カメラマン4人の計10人にとどまった。新聞社の記者は1人も認められなかった。

北朝鮮の報道陣はすべて受け入れていた

   制限した理由について公式な発表はないが、協会職員に「1社から配信を受ければ十分報道できるのでは」と説明していたという。

   今回の「51人の申請」とは別に、試合を中継するTBSなどのテレビクルー15人は入国と取材が認められた。

   日本サッカー協会の田嶋幸三・副会長は「51人中10人というのは納得できない。引き続き交渉する」と話し、増枠が認められなければFIFAを通じた抗議も考えるとしている。

   なお、11年9月2日に埼玉スタジアムで行われた対北朝鮮戦では、北朝鮮側から要望のあった報道陣17人を日本側はすべて受け入れている。

ネットでは「まあこれで十分だろ」の声も

   このニュースを受けて、インターネット掲示板「2ちゃんねる」では

「まあこれで十分だろ。一般紙、スポーツ新聞は大好きな野球やってろよ」
「どうせ行っても同じ内容とか、くだらねえサッカーとは無縁な質問ばかりだろうし」

など、なぜか日本のマスコミの方を批判するコメントも目立つ。

   一方、ツイッターをみると、「1社から配信を受ければ十分報道できるのでは」と北朝鮮側が説明したとされることについて、「如何にも共産国家っぽい考え方、って気がする(苦笑)」という皮肉もつぶやかれていた。

   ちなみに北朝鮮の「朝鮮中央通信」の日本語版サイトをみると、11月3日昼現在、15日の日本対北朝鮮戦に関する話題は、8月上旬に配信された「朝鮮サッカー代表チームの国際競技スケジュール」の記事でデータとして触れている程度のようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中