モバゲーが年収1000万円で新卒者募集 買うのは「ベイスターズ」だけじゃない

印刷

   ソーシャルゲーム「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)が、来年4月入社の新卒を年収1000万円で募集しているとして話題になっている。

   ネットでは「儲かっている会社は違うなぁ」「ベイスターズに続き新卒も高額買収!」などと話題になっているが、どうしてこんなに高いのだろうか。

学歴や出身学部は問わないが「即戦力」がポイント

   DeNAの公式ホームページに掲載された「2012年新卒エンジニアスペシャリスト採用募集要項」を見ると、給与は初年度600万円~1000万円(基本給+賞与)。

「初任給は日本の新卒採用の常識にとらわれず、能力に応じて提示する」

という。応募資格として学歴や出身学部は問わないが、ウェブやケータイ向けサービス開発分野で設計・実装ができ、これらのものを自らのアイディア完成させた経験がある人。つまり、即戦力が要求され、入社後はエンジニアのスペシャリストとして即現場に配属するという。

   DeNAの11年3月の連結決算は、売上げが前年同期比2.3倍の1127億2800万円、本業の利益を表す経常利益が同2.6倍の562億5800万円、「モバゲー」の会員数は3000万人を超えた。そのためネットでは「儲かっている会社は新卒の年収も違う」などと羨む声が多数挙がっているが、ソーシャルゲームに詳しい関係者に話を聞くと

「スマホなどのソーシャルゲーム開発者が足りないため、一種の青田買いのようなもの」

と説明する。

   実は10年8月、ソーシャルゲームのDeNA、グリー、「ニコニコ動画」を運営するドワンゴが、中途入社のエンジニアに対し、入社準備金200万円を提供すると発表した(ドワンゴは252万5000円)。これはスマートフォンなどのソーシャルアプリ開発者が不足しているからで、各社はエンジニア獲得について血眼になっている。

自社開発ゲームがリリースされずに今夏は失速

   DeNAは11年10月31日に11年4月~9月の第2四半期の連結業績を発表。売上げは前期比35.2 %増、経常利益は20.2%増となったが、7月~9月に関してはこれまでの勢いが止まった。理由は自社開発の新しいゲームが登場しなかったからで、自社開発のゲームの場合は他社が開発したゲームより遥に課金収入などの利幅が大きい。

   ソニーの「PS3」や、任天堂の「Wii」などで動く大作ゲームソフトは100人以上のスタッフで数十億円の開発費をかけるなどプロジェクトを組み完成させるが、スマホなどのソーシャルアプリはアイディアが勝負。少人数、あるいは一人で企画し、プログラムを組んで完成させる場合もある。それだけに、飛び抜けた才能の確保が最も重要とされている。

   DeNAが現在活躍中のエンジニアを獲得することに加え、新卒社員に対しても破格の待遇を用意しているのもそのためだと思われるが、果たして狙い通りに優秀な新卒が集まるのか、業界が注目している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中