バナナの自販機、東京駅に登場

印刷

   東京メトロ丸ノ内線・東京駅に2011年11月8日、バナナの自動販売機が設置された。価格は1本130円で、ボタンを押すと袋詰めのバナナが1本出てくる。この日は早速、通りがかったビジネスマンなどが買い求める姿が見られた。

   販売元であるドール(東京・千代田区)によると、自販機にはバナナを128本収納可能。週3回のペースで商品の入れ替えを行い、内部はバナナの保存に最適な13度に保たれている。皮は、自販機と一体化したゴミ箱に捨てる。

   2010年6月に第1号を設置した渋谷駅では、ビジネスマンやOLが主な利用客となっている。「男性の方はその場でパクリ、女性の方はオフィスなどに持ち帰って食べる人が多いです」とのこと。ドールでは今後、他のメトロの駅にも設置していきたい考えだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中