オンラインゲーム休止騒動 「ハンゲーム」のNHNジャパンが回答

印刷

   オンラインゲーム「M2-神甲綺譚-」が、運営会社「Sankando」のサーバーの復旧見通しがたたないためサービスの一時休止が発表されたことについて、このゲームを配信しているポータルサイト「ハンゲーム」を運営するNHNジャパンは2011年11月12日、J-CASTニュースの取材に応じた。

   J-CASTニュースが11月11日に報じたとおり今回の騒ぎは、10月21日にゲームデーターなどを管理するサーバーの不具合が発生し、メンテナンスを続けていたものの11月9日になってSankandoが「一時休止」をウェブサイト上で告知したことに端を発する。ハンゲームは11日、サイト上で、Sankando側と「連絡が取りにくい状況」が続いていたと説明し、コミュニケーションや連携不足があったことを認めた。この点についてNHNジャパン広報は、「電話連絡やメールで長期メンテナンスに関する問い合わせをしていたが、返答がなかった」と話す。ハンゲーム側が手を尽くしてコンタクトをしていたが、11日になってようやくSankandoから、「事情があって遅れた」と連絡が届いたという。

   11日に両社は協議に臨み、その際にSankandoから現状報告があったそうで、その内容を踏まえて両社は、ゲームの迅速なサービス再開に向けて協力することを確認した。

   またNHNジャパン広報は、「最終的にサービス終了という結果になったとしても、現段階で(Sankando側に)損害賠償を請求する予定はございません」と明言。今後については、ハンゲームのサイトで「進捗状況についての更新情報を欠かさずお伝えしてまいります」とした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中