2019年 8月 20日 (火)

オンラインゲーム突如「終了」で騒然 事前連絡ない一方的な通告に利用者激怒

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   オンラインゲーム運営会社が突如、人気ゲームの一時サービス停止を明らかにした。不具合を起こしたサーバーの短期間での復旧が難しいとの理由だ。

   ポータルサイト「ハンゲーム」にも配信されていたが、運営会社から事前に休止の連絡を受けていなかったようで、ハンゲームが「サービス終了」と発表すると、利用者の間で騒動となった。

「こんな終わり方するネトゲ初めて見た」

一時休止となったオンラインゲーム「M2-神甲綺譚-」
一時休止となったオンラインゲーム「M2-神甲綺譚-」

   オンラインゲーム「M2-神甲綺譚-」の一時休止が発表されたのは、2011年11月9日。都内にあるゲーム開発・運営会社「Sankando」は原因について、「サーバーの復旧が困難なため」と説明した。実はこのサーバーは10月21日に不具合が発生して停止、メンテナンス中だった。しかし「短期での復旧は難しい」と判断し、一時休止を決めたという。

   「M2-神甲綺譚-」は、他のプレーヤーと一緒に冒険しながら、時に巨大なロボットに変身し、力を合わせて「悪の帝国」を倒すロールプレイングゲームだ。Sankandoのサイトだけでなく、多数のオンラインゲームを配信するポータルサイト「ハンゲーム」からも提供されていた。

   11月10日、ハンゲームは急きょ利用者に向けてサイト上で事情を説明、そのうえで、

「大変急なお話しではございますが、本日2011年11月10日をもってサービスを終了させていただきます」

と発表したのだ。一時的でなく「完全終了」と解釈できる書き方だ。ゲーム内でのアイテム入手に利用する「Mコイン」を購入した利用者に向けては、ハンゲームで使える別の仮想通貨で「全額補償」するという。

   突然のサービス停止の知らせに、インターネット掲示板では、「こんな終わり方するネトゲなんてはじめて見た」「バックアップとってないの?」など書き込みがあふれる大騒動となった。メンテナンスが失敗して、データがすべて消えたのではとの憶測も流れる。長い時間とお金をかけてきたのに、何の前触れもなく一方的な通告だけで突然ゲームができなくなるとは――。利用者からはこんなやりきれなさが伝わってくる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中