ナベツネ騒動、最大の「ピエロ」は江川か 裏にチラつく「巨人戦」の視聴率事情

印刷

   あの「ナベツネ」こと巨人の渡辺恒雄会長に楯突くという前代未聞の出来事が起きた。勇気ある行動に出たのは清武英利球団代表。OBの江川卓氏を勝手にヘッドコーチに押し込もうとしたやり口に怒りを表したのである。しかしこの騒動、ただの内紛ではないようだ。

NHKもニュースで取り上げた

   内部告発の会見を行ったのは文部科学省。プロ野球と教育の省、そのうえ告発だから場違いもいいところだった。内容はもろに「ナベツネ(渡辺会長)批判」。この異常事態は球団内のトラブルなどまず扱わないNHKがニュースで取り上げたことほどだから、いかに大きな衝撃だったかが分かる。

   清武代表の言い分は、来シーズンのコーチ人事についての渡辺会長の口出しに対して。「鶴の一声で覆すのは不当」「球団を私物化」と厳しく批判。江川をヘッドコーチとし、既にヘッドコーチに決まっていた岡崎郁コーチを降格させる、という会長の独断に矢を放ったのである。

   経過は次の通り。

▽10月20日 桃井恒和オーナーと清武代表が渡辺会長に岡崎ヘッドコーチら来シーズンのコーチ陣容を報告し了解を得た。
▽11月4日 渡辺会長が報道陣に「新コーチ陣のことは聞いていない」と発言。
▽11月9日 渡辺会長は清武代表に「江川ヘッドコーチ、岡崎コーチ降格とする。江川には交渉中」と伝える。

   清武代表は、渡辺会長に翻意を促したが聞き入れてもらえなかった、という。そして告発会見の挙に踏み切った。さらに驚くことに、清武代表は渡辺会長から「次は桃井に代えて君を球団トップにする」と、手形を切ってきたことを暴露した。ポストをちらつかせて自分の意のままに人事をするという手法は、政治記者を自負する渡辺会長らしいといえるだろう。

渡辺会長の動きの陰にある2つの理由とは?

   騒ぎの元となった江川のコーチ就任に注目したい。江川は現在、日本テレビのスポーツニュースでキャスターを務めている。ユニークな切り口が受け、そこそこの視聴率を稼いでいるという。

   渡辺会長が密かに動いたのは二つの理由があるように思える。その第一は、清武代表の主導で編成した来季のコーチ陣が気に食わないこと。既に就任が決まった橋上秀樹、秦真司という新顔にまつわるもので、彼らが教わった野村克也のID(インポータント・データ)野球の導入に対して、だ。

   「天下の巨人が野村に屈したのか」と首をかしげるOBがいることは事実。巨人の背後に野村の影、というのをプライドの高いOBたちが認めるわけがない。そういった声が渡辺会長の耳に届いたのではないか。

   巨人生え抜きでチーム再建を、と渡辺会長が方向転換してもおかしくはない。そこで独特の野球観を持つ江川に白羽の矢が立った。読売グループ内の人事であり、ましてや渡辺会長直々ならば江川は受けざるを得ない。

   おそらく江川には、2013年から監督、という話もあったのではないか。江川は20年以上も現場から離れている。来シーズンはヘッドコーチとして勘を取り戻すための1年というわけである。実は原辰徳監督も、長嶋茂雄監督の元でヘッドコーチを務め、そこで監督修行をした。新しい巨人方式といえる。

   第二は、日本テレビからの要請だ。巨人戦の視聴率がかつてと比べると、かなり低い。10%を切ることも珍しくないという。そこで人気のある江川を送り込む。キャンプから話題になるし、原とは比べ物にならない江川の語りは受ける。

   球界最高のスーパースター長嶋でさえ、勝てなくなって視聴率が下がると、監督交代の話が出たくらいである。メディアをグループに持つ宿命だ。

「政治記者」渡辺VS「社会部出身」清武 「育ちの違い」も見え隠れ

   今回の騒動は日本球界特有の出来事の象徴でもある。人事問題をプロの組織としてとらえるか、会社組織としてとらえるか、だ。清武代表の主張は前者であり、渡辺会長の言動は後者といえる。日本の球団は、サラリーマンがプロ選手をコントロールしているから、ときおり親会社・球団・現場の三位一体が崩れる。球団が契約で雇う専門職のGMが現場をすべて仕切る大リーグとは違う。

   これまで「ワンマン渡辺会長の腹ひとつ」といわれてきた巨人の球団運営が事実であったことが明らかになった。いかに独裁政治が行われてきたかが分かった。

   渡辺会長は政治の政局にも顔を出す。「オレは総理大臣を誰にするかの方が大事なんだ。野球のことなどどうでもいい」と発言するなど、野球を見下すこともしばしばだった。その御仁が大臣ではなく、野球のコーチ人事に口を出すのだから苦笑してしまう。腹芸の政界と密接な渡辺会長と、現実そのものと立ち向かってきた社会部出身の清武代表の「育ちの違い」がぶつかった側面もあるだろう。

   江川はかつて野球協約を無視して巨人に入ったいきさつがある。その意味では巨人も江川も腐れ縁でつながっているといっていい。その江川に入閣の要請がされていたことはさもありなんという感じがする。

   清武代表は「コーチにはプライドもあるし、生活もある」と言った。現場のコーチや選手にとっては、自分たちを守ってくれた代表に感謝していることだろう。それも涙を流しながら訴えたのだから感動ものだ。

   とんだピエロ役は江川だった。清武代表が会見した日に「正式な話はない」としたうえで「そういう状況ではないでしょう」と、コーチ就任を断る旨のコメント。そして「迷惑がかかる」とも。騒動の騒ぎの中でもっとも冷静だった。この状況判断の良さこそ試合進行に必要なのである。それにしても江川が絡むとトラブルになる。(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中