日銀、景気判断を下方修正 欧州危機「最大のリスク」

印刷

   日本銀行は、景気の現状判断を「持ち直しの動きが続いているものの、海外経済の減速の影響などから、そのペースは緩やかになっている」とし、これまでの「持ち直しの動きが続いている」から下方修正した。

   欧州の債務問題がイタリアに波及するなど深刻の度合いを増すなか、欧米経済の減速を背景に日本の生産や輸出が鈍化しつつあり、景気認識を見直す必要があると判断した。

   白川方明総裁は2011年11月16日の金融政策決定会合後の記者会見で、「最大のリスクは欧州危機の今後の展開だ」と語り、日本経済への影響に強い懸念を示した。また、タイの洪水についても先行きのリスク要因の一つとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中