武富士、会社分割1か月延期 全社員の8割退職も

印刷

   2010年9月に経営破たんした消費者金融の武富士は、2011年12月1日に予定していた会社分割を12月31日まで延期する。具体的な実施日は今後決める。

   武富士は11年10月末に更生計画の認可を得た。12月1日付で会社を新旧2社に分割し、スポンサーである韓国の消費者金融大手A&Pファイナンシャルが「新会社」を買収して武富士ブランドを引き継ぎ融資事業を再開し、「旧会社」が債権者への支払業務にあたる予定だった。

   12月1日付の日本経済新聞電子版などの報道によると、延期は同社のスポンサーに決まった韓国の消費者金融大手のA&Pファイナンシャルが、韓国での貸し付けを巡り当局から行政処分を受ける可能性があるためとされる。

   また、武富士に在籍していた1600人(11年3月末時点)の社員のうち、8割にあたる1300人が11月30日付で退職することがわかった。会社の先行きに不透明感が強いことから希望退職者が相次ぎ、想定していた人員削減の規模を上回ったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中