すしネタ人気トップはサーモンの時代 回転寿司チェーンで子供や女性に大ウケ

印刷

   すしネタといえば、マグロの赤身、トロを真っ先に思い浮かべる人が多いようだが、回転寿司ではサーモンがマグロを追い抜く人気になっている。

   特に子供や若い女性に人気のようで、ある調査によれば、男女ともに最初に食べるネタと最後に食べるネタのトップがいずれもサーモンなのだという。なぜサーモンがこんなに人気なのだろうか。

「サーモンなんて寿司じゃねぇ!」と言われた時代もある

   長年すし店に通っている中高年男性からは、子供や孫を連れて回転寿司に来ると「サーモンなんてすしじゃねえよ!」などと呟く声がこれまではあったという。全国チェーン「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトの2011年11月の売上げベストテンを見ると「サーモン」が2位、「トロサーモン」が5位に入っている。

   サーモンが人気になったのは5年ほど前から。同社広報は、

「回転寿司の業態は、お子様や女性にすしへの門戸を開きました。そうしたお子様や女性に最も食べて頂いているのがサーモンなんです」

と説明する。

   「スシロー」を展開する、あきんどスシローの2011年1月から半年間のランキングでは、サーモンを使ったすしがベスト20の中に3品入った。同社の場合はサーモンを使ったすしの種類が豊富のため、「サーモン」として1括りにすれば上位にランクするという。

   同社の場合、サーモンは「生」、「炙り」、「天ぷら」、「ペースト状」などレパートリーが多く、様々な嗜好に対応できる。また、養殖技術の進歩で、従来は食べる事が出来なかった生食が可能となった。このため、スーパーなど国内の様々な店舗で販売されるようになり、食事として浸透していったことも人気の背景にある、と説明する。

最初に食べるすしネタトップはサーモン

   マルハニチロホールディングスが2010年8月31日に発表した、「回転寿司に関する消費者実態調査」によれば、回転寿司に誰と一緒に行くかを聞いたところ、「家族」が83.5%で最も多かった。一方、回答者全体に最初に最もよく食べるネタを聞きくと「サーモン」が最も多く20.1%。最後に最もよく食べるネタは女性が「サーモン」で最も多く11.2%だった。おいしさや鮮度に期待するネタは、1位が「マグロ」で85.4%、次いで「サーモン」81.6%となるなど、人気や注目度が高いことがわかる。

   「くら寿司」を展開する、くらコーポレーションはサーモンを戦略商品に掲げ、最高級品といわれるアトランティックサーモンを使用している。

「サーモンは見た目もオレンジで綺麗ですし、トッピングを工夫するなど様々な商品開発が可能です。今以上に人気が高まると見ています」

と同社広報は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中