AKB48主力陣が続々成人式 「年齢的に峠越した」説浮上

印刷

   2012年1月9日をピークに、全国各地で成人式が開かれた。約122万人の新成人が色鮮やかな振袖やスーツに身を包み、大人への第一歩を踏み出した。日本中を席巻したAKB48の新成人組は、SKE48メンバーとあわせ過去最高の20人に上った。

   1月9日には「アキバの守護神」として親しまれている神田明神(東京・千代田区)に、高い人気を誇る前田敦子さんや高橋みなみさん、板野友美さん、柏木由紀さんらメンバー19人が集合し、しとやかな振り袖姿を披露した。

91年生まれ「素晴らしすぎるメンツ」

   イベントでは、前田敦子さんが「AKB全体としては、もっとレベルをあげて力をつけていきたい。個人的には車の運転をしてみたい」と話すなど、今後の目標や思いを報道陣に語った。ファンの中には朝早くから神田明神に駆けつけて、彼女たちの門出を祝った人たちもいた。

   ほかにも、河西智美さんや高城亜樹さん、SKE48の松井玲奈さんらの人気メンバーが1991年生まれとして参加していたことから、「素晴らしすぎるメンツ」と2ちゃんねるなどインターネット上で話題になった。

   女性グループ初のレコード大賞を受賞するなど2011年最後まで話題をさらったAKB48。12年1月5日にはCDシングル総売り上げ枚数がモーニング娘。を抜いて女性グループ歴代1位になったと発表されるなど(オリコン調べ)幸先の良いスタートを切った。

   今回の成人式を見て、一部のファンからは「主力メンバーが年齢的に峠を越してしまったというのがグループの危機的状況を現しているな」と心配する声もネットで上がっている。とはいえ、2012年もAKB48の動向に注目が集まる幕開けとなったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中