「画面汚い。時代考証学ぶために観る訳じゃない」 「平清盛」、兵庫県知事の意見は正しいのか

印刷

   放送が始まったばかりのNHKの2012年の大河ドラマ「平清盛」が依然話題になっている。リアルさを追求した演出に対し、物語の舞台となった兵庫県知事が「画面が汚い」とクレームを付け、今度はそうした兵庫県知事に対して批判が出る始末だ。

   「平清盛」は2012年1月8日に初回が放送された。事前に番宣を打ちまくり、積極的にPRしていたNHKだったが、視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と歴代ワースト3位だった。

「あんな汚い画面を日曜日の憩いどきにやらなくてもいい」

   これに対し、ドラマの舞台となった兵庫県の井戸敏三知事が意見した。10日の会見で記者から視聴率が悪かったことについてどう思うか、と問われ、

「私も日曜日観ました。画面が汚いですね。あんな鮮やかさのない薄汚れた画面じゃチャンネル回す気にならないんじゃないかというのが第一印象。家のテレビ、色がおかしくなったのかなと思うような画面だった。プロデューサーも意図があるのかも知れないが、あんな汚い画面を日曜日の憩いどきにやらなくてもいいんじゃないか。もっと華やかで、生き生きとして躍動感の溢れる清盛らしさを強調して頂くといいなと思った」

と語った。確かに、「平清盛」では当時の時代状況をリアルに再現するため、登場人物の衣服が汚れている。路地を歩くシーンなどでは画面に埃が舞っている。

   さらに井戸知事は「時代考証に忠実に番組編成するという方針だとは聞いていますが、観る人は何も時代考証学ぶために観てる訳じゃない」とし、「画面の出来不出来が悪いのではなく、番組の人気が出るかでないか出ないかで観光も影響を受ける」と説明。県では番組とタイアップしながら観光客を誘致していく方針だったので、「これからのドラマ展開を大きく期待したい」と話した。

神戸市長は「違和感はなかった」

   この発言について、県庁に10日から11日夕方にかけて312件の意見が電話やメールで寄せられた。県広聴室によると、「よく言ってくれた」と知事に賛同するものも一部あったが、「知事の立場で番組に介入するべきではない」「ドラマは観光PRが目的ではない」と知事に批判的な意見がほとんどだった。12日も数十件意見が寄せられたということだ。

   一方で、神戸市の矢田立郎市長も11日の会見で「平清盛」に触れ、「実際の時代背景、当時の状況も考慮したセットを使っており、制作側の一貫した思いがあると思う。違和感はなかった」という見解を示した。

   NHKはこうした状況について「テレビ映像が格段に進歩しているので、それに伴いリアルな表現を目指しています。清盛が成長して上流社会への仲間入りを果たすと映像表現も変わって行くので楽しみにしていただければ」とコメントしている。

   2ちゃんねるでは井戸知事の意見について「龍馬伝も始めの頃は埃だらけで汚いと言われてたけど結構、人気出たからなぁ」というものや「確かに汚い 平安京の栄華は何処言った」「韓国ドラマは紀元前でも綺麗だからな」といった書き込みが寄せられていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中