「コンドーム持っているでしょう」発言など 根拠のないデマと辻元議員、産経提訴

印刷

   連日のように民主党や政府の批判を繰り広げている産経新聞の記事をめぐり、民主党の辻元清美衆院議員(大阪10区)が2012年1月19日、損害賠償を求めて同社と記事を書いた記者を相手取って訴訟を起こした。問題とされた記事では、カメラマンの宮嶋茂樹氏の著書の記述を根拠に辻元氏を批判したものの、辻元氏側は、著書には根拠になる記述そのものがなかったと指摘している。

辻元氏の首相補佐官起用を批判

   問題とされたのは、震災直後の2011年3月16日朝刊に掲載された「【政論】原発事故、首相なお指揮演出 過小評価、混迷招く」と題したコラムと、3月21日の「【政論】隊員踏みにじる最高指揮官」。両方とも、同じ記者の署名が入っている。いずれも、菅直人首相(当時)が辻元氏を震災ボランティア担当の首相補佐官に起用したことを批判するもので、3月16日の記事では、

「辻元氏は平成7年(編注: 1995年)の阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラをまいた」

と主張。起用を「ブラックジョークなのか」と皮肉った。

   3月21日の記事では、このように批判を展開した。

「カメラマンの宮嶋茂樹氏の著書によると、辻元氏は平成4年(編注: 1992年)にピースボートの仲間を率いてカンボジアでの自衛隊活動を視察し、復興活動でへとへとになっている自衛官にこんな言葉をぶつけたという。
   『あんた! そこ(胸ポケット)にコンドーム持っているでしょう』
辻元氏は自身のブログに『軍隊という組織がいかに人道支援に適していないか』とも記している。こんな人物がボランティア部隊の指揮を執るとは」

   辻元事務所は3月23日の時点で、記事に書かれている(1)阪神大震災の時に反政府ビラをまいた(2)自衛隊員に「そこ(胸ポケット)にコンドーム持っているでしょう」という言葉をかけた事実など、ネット上で流れている「デマ」4点を否定。その上で、

「この非常時に公器としての報道機関がデマを拡散させたことに、厳重に抗議いたします」

と、産経新聞を名指しして批判している。

   それから10か月が経過した今になって辻元氏が提訴したのも、上記の2件についてだ。辻元氏は「内容虚偽の違法な報道で社会的評価を低下させた」として、3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めている。

   提訴後に辻元事務所が発表したコメントでは、

「同社記者は辻元清美に対していっさいの事実確認をしておりません」
「記述(2)(編注:辻元氏が自衛隊員に声をかけた件)の根拠としている宮嶋氏の著書には、辻元がそのような発言をしたとの記述はありません」

といった、記事の根拠が揺らぎかねない新たな事実を明らかにしている。その上で、

「大震災の混乱が続く中、公器である新聞がこのような報道を繰り返したことで、根拠のない『デマ』が増幅され、辻元清美の被災者支援の活動にも大きな悪影響が与えられました。何より、被災者の方々や被災者支援にとりくむ人々の不安が煽られたことは看過できません」

と主張している。

産経新聞社「訴状の内容を詳細に検討した上で、対応します」

   なお、この記者は、11年4月12日に行われた会見で、菅首相(当時)に対して

「与野党協議の最大の障害になっているのが総理の存在であり、後手後手にまわった震災対応でも、総理の存在自体が国民にとっての不安材料になっている。一体何のために、その地位にしがみついているのか、考えを聞かせてほしい」

と、公然と退陣を迫り、菅氏を

「私とあなたのものの見方は、かなり違っているとしか申し上げようがない」

と、不機嫌にさせたことで知られる「名物記者」。ブログでも、たびたび民主党や辻元氏に関する批判を展開している。

   今回の提訴について、産経新聞社広報部では、

「訴状の内容を詳細に検討した上で、対応します」

とコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中