宝くじ上限引き上げ 1等7億5000万円に

印刷

   総務省は2012年1月21日、宝くじ1枚当たりの金額の100万倍までと決められている1等賞金の上限額を250万倍に引き上げる方針を決定した。

   総務省は宝くじの売り上げ回復に向け、通常国会に当せん寄付証票法改正案を提出。3月末までの成立を目指す。なお、上限が250万倍になれば一般的な1枚300円のくじでは上限が3億円から7億5000万円になり、前後賞を合わせればそれ以上の高額賞金が出る可能性も見込まれる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中