ツイッター「鍵付き」でも危ない AKB古参メンバー、写真流出で「活動辞退」

印刷

   AKB48メンバーの平嶋夏海さん(19)と米沢瑠美さん(20)がAKB48の活動を辞退することが2012年1月28日深夜3時40分頃、公式ブログで突然発表された。事実上の脱退だ。

   男性と親密な様子で一緒に写った写真が流出したことが原因とみられるが、流出元は、米沢さんが公式アカウントとは別に使用していたとみられるツイッターのアカウント。このアカウントは、自分が承認した人以外は見られない、「鍵付き」のものだったが、それでも写真は流出してしまった。

秋元氏「普通の学生だったら、何の問題もなかったでしょう」

流出した一連の写真。この中に男性との「親密写真」も含まれていた
流出した一連の写真。この中に男性との「親密写真」も含まれていた

   平嶋さんは05年にAKB48が結成された時からのメンバーで、前田敦子さん(20)や高橋みなみさん(20)と同じ「1期生」。米沢さんは柏木由紀さん(20)と同じ「3期生」で、いずれも古参メンバーだ。

   公式ブログの発表では2人からの謝罪文とともに、

「両名より『AKB48としての活動を辞退したい』という申し出がございました」

とあるのみで、具体的な経緯は明らかにされていないが、総合プロデューサーの秋元康氏は、グーグルプラス(Google+)に

「僕は彼女たちを特別、責める気にはなりません。普通の学生だったら、何の問題もなかったでしょう。でも、彼女たちはAKB48のメンバーですから、AKB48のルールを守らなければいけません」
「彼女たちはAKB48のルール違反を犯しただけで、社会のルールを犯したわけではありません」

と書き込んでおり、2人がAKB48の「鉄の掟」として知られる「恋愛禁止」を破ったことが背景にあるようだ。

写真の撮影日時などからアカウントの持ち主を特定

   平嶋さんと米沢さんをめぐっては、1月27日朝から、2人が写ったプライベート写真が流出しているとしてネット上で騒ぎが広がっていた。具体的には、ツイッターのある「鍵付きアカウント」に注目が集まっていた。

   「鍵付き」なので、承認された人しかツイートの内容を読むことはできない。だが、フォロワーがこのアカウントに、米沢さんの名前である「るみ」と話しかけていたり、話しかけた内容が、米沢さんが公式ブログやツイッターで話題にした内容と一致したりしていることが相次いで指摘された。

   さらに、アカウントからアップロードされた写真は、誰からでも見ることができる。その中の写真に11年3月10日に撮影されたグアムの写真があった。この時期、AKB48はグアムでミュージックビデオの撮影をしていた。このことから、このアカウントが米沢さんの「裏アカウント」だとの見方が強まっていた。

   これをきっかけに、様々な写真が芋づる式に「発掘」され、その中に米沢さんや平嶋さんが男性と親密そうに過ごしている様子が含まれていた。また、コンサート日程についての記述などから、米沢さんのものとみられるミクシィのアカウントも特定された。このアカウントでは8月29日に

「4年ぶりにロンリーガールなわけでして、ロンリーガールになって3週間ちょっとが経ったわけなんです。そろそろ彼氏作ろかな…」

と、8月初旬までは交際相手がいたことを明言していた。

   なお、平嶋さんと米沢さんは、AKB48以外で芸能活動を続けていくといい、秋元氏は

「僕はこれからも彼女たちを応援したいと思います」

としている。

   ネット上では、「裏アカウント」が発見されたことについて

「でもよく見つけたな、こんなの」
「ネットって怖いね」

といった驚きの声があがっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中