共通番号制「必要」が57.4% 内閣府の世論調査

印刷

   政府が導入を目指す「共通番号制度」について、「必要」と「どちらかと言えば必要」の合計が57.4%に達したことが、内閣府の「社会保障・税の番号制度に関する世論調査」でわかった。2012年1月28日に公表した。「必要ではない」「どちらかと言えば必要ではない」は合計で27.3%だった。

   ただ、「内容まで知っている」と答えた人は16.7%にとどまった。「言葉は聞いたことがある」が41.8%、「知らない」が41.5%にのぼり、内容の周知は不十分なようだ。

   一方、共通番号制度の個人情報に関して、最も不安に思うことを聞いたところ、「特にない」と答えた人は11%だったのに対し、「プライバシー侵害のおそれ」が41%、「情報の不正利用により被害に遭うおそれ」が32%、「国により個人情報が一元管理され、監視されるおそれ」が13%と、何らかの懸念を感じていると答えた人は86%にのぼった。

今国会に関連法案を提出

   共通番号制度は国民一人ひとりや企業に番号を割り振り、年金や医療、介護などのサービスの利用状況や、所得や納税額などの情報をひとまとめにして把握できるようにする仕組み。政府は2015年1月の利用開始を目指し、今国会に関連法案を提出する。

   なお、調査は11年11月10~27日に全国の成人男女3000人に面接方式で調査した。回収率は63.0%。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中