ビキニ姿「紗栄子」が好アクセス 「嫌われ者」でも高い注目度

印刷

   タレントの紗栄子さん(25)へのネット上のバッシングが止まらない。一方、紗栄子さんがビキニ姿を公開したブログや、そのブログを紹介した記事が、ランキングでトップクラスの注目を集めている。

   紗栄子さん関連で話題になってきた離婚や子育て問題の記事ならともかく、ビキニ披露の記事までが注目される事態に、ネット上では「嫌なら見なきゃいいのに」「本当は(紗栄子さんのことが)好きなのでは?」といった声もバッシングに紛れてあがっている。

「シングルマザーになった途端にグラビアですか…」

離婚騒動は2010年から報じられてきた。
離婚騒動は2010年から報じられてきた。

   2012年2月1日夕現在、ネットのヤフーニュースのアクセスランキング1位の記事は、紗栄子さんが白ビキニ姿をブログ(1月30日)で「大胆写真公開」したことを見出しでも伝える「シネマトゥデイ」配信記事だ。

   紗栄子さんのこの日のブログでは、白ビキニに帽子、サングラス姿の写真があるだけで、文字説明は見出しの「Go to the seaside(海辺へ行く)」だけだ。

   2月1日の「Ameba(アメーバ)芸能人・有名人ブログ」のランキングでは、紗栄子さんブログ(最新更新は「白ビキニ」もの)が2位だ。人気絶頂のAKB48大島優子さんを3位に抑えての好位置だ。

   ブログのコメント欄では、「きれい」「あこがれる」といった絶賛コメントが180件以上並んでいる。紗栄子さんが2児の母であるからか、自分にも子どもがいるとして、「ママとして」応援する声も少なからずある。

   ネット上のバッシングを意識してか、中には「世間からいろいろ言われてるらしいけど、負けじと頑張って下さい」「紗栄子さんを好きな人の方が沢山いるから」と励ます人もいる。

   一方、ブログ内容を伝える記事についたコメントをみると、一転して厳しい声が圧倒的に目立つようになる。

「勘違い女」「痛い女」「自分に酔ってる」「シングルマザーになった途端にグラビアですか…」

といった具合だ。ヤフーニュースの記事には2月1日夕現在、1200件を超えるコメントが寄せられている。

離婚問題は解決したが…

   紗栄子さんは、大リーグへの移籍が決まったダルビッシュ有投手(25)との長引いていた離婚問題が解決したばかりだ。1月19日に発表された。

   実は、紗栄子さんへのバッシングの大きな要因は離婚問題にあるのでは、との見方があった。世界へ羽ばたこうとしている大投手に対し、「高額な慰謝料を求めて足を引っ張っている」というイメージが広がっていたからだ。

   かつて「慰謝料5億円」などとする女性週刊誌報道もあったが、今のところ「慰謝料なし、養育費月200万円弱」とする報道に落ち着いている。離婚発表後、ダルビッシュ投手がツイッターで「法外な慰謝料、養育費を求められたこともありません」とかばっている。

   紗栄子さんの「白ビキニ」ブログに関しても依然としてバッシングが激しいことに対し、ネット上では「嫌なら見なきゃいいのに」「本当は(紗栄子さんのことが)好きなのでは?」との声もある。

   とはいえ散見される程度で、離婚問題の解決後も、大きな風向きの変化をもたらしてはいないようだ。依然として「子育て不熱心」説を指摘してバッシングする意見も多い。

   紗栄子さんのファンだという都内の女子大学生(22)に魅力を聞いてみると、「ふんわりしたかわいさに加え、強いなと思じさせるところにあこがれます」という。

   ネット上にバッシングの声が多いことについては、「バッシングを受けても頑張っている姿を見て、ますます応援したくなりました」。

   週刊文春(2011年11月24日号)の「女が嫌いな女2011」では、紗栄子さんは同率25位で、前年の「圏外」からランクインした。12年のランキングでは、どんな順位変動を見せるのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中