AKB指原が「ヘタレ」から「スター街道」 遠い存在になったとネットで悲鳴

印刷

   アイドルグループ「AKB48」の指原莉乃さん(19)が遠い存在になった、とか、終了の鐘の音が聞こえる、などと落胆するファンが増えている。

   指原さんといえば何をやっても中途半端でうだつの上がらない「ヘタレ」キャラとして人気だったのだが、秋元康プロデューサーの「指原推し」もあり、ソロ歌手デビューや、有名ブランドのイメージモデルに抜擢されるなど躍進が著しく、スターへの道を歩き始めたからだ。

「自分は芸能界で生き残れない」と言っていたのだが・・・

   指原さんの人気は、一般的なアイドルとは異なった部分で高まりを見せていった。

   例えば2011年9月21日付けのブログでは、自分のファンだという男性がテレビに映っていたとし、この男性の奥さんに「申し訳ない」と謝罪。

「奥さん…あなたのダンナさんの推しメン…出勤ラッシュの電車にスウェット、すっぴんで乗ってますよ。号泣。ごめんなさい。土下座」

などと自虐的に綴った。

   また、11年5月に出演した日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」では、AKBは2年後に人気がなくなり終わっている。自分は芸能界で生き残れないため、「危険物取扱者の資格を取りたい」などと語っている。

   プロデューサーの秋元康さんは、12年1月2日に放送されたNHKの番組で、自分は「指原推し」だとし、指原さんの魅力について「見事にダメなところ」だと語った。いろいろなチャンスを与えてもよい結果が得られず、指原さん自身も落ち込み自滅していく。でも、その「ヘタレ」感が周りのメンバーを元気付け、視聴者には「これなら自分もAKBに入れるかも」という希望を抱かせる。それでも努力を怠らない指原さんを見て「自分も指原を見習おう」となるからだという。

   そんな指原さんは今年に入り、活躍の場が一気に広がった。まず、1月には単独のファースト写真集を発売。ネット通販「アマゾン」のタレント写真集ベストセラーランキングでは2月23日現在で5位に入っている。

「モテキですので、調子に乗らせてください…」

   2月23日発売の女性ファッション誌「JJ」では表紙を飾った。そして同日、歌手のビヨンセさんや、女優ペネロペ・クルスさんなどが顔を揃える大人気ブランド「サマンサタバサ」のミューズ(イメージモデル)に就任した。サマンサは指原さんとコラボしバッグのブランド「Honey Sassy(ハニーサッシー)」を立ち上げる。5月2日にはソロデビュー曲「それでも好きだよ」の発売も決まっている。

   指原さんはサマンサの会見で

「ブランドが可愛いのは、私がデザインに関わっていないから」

などと相変わらずの自虐的コメントを振りまいていたが、ファン達の心境は穏やかではないようだ。自分が応援するアイドルが成長し活躍するのは嬉しいはずなのだが、指原さんに限っては事情が異なるようだ。

   ネットでは「指原がすっかりスターになってしまって、遠い存在になってしまった」などと嘆く声が出ている。掲示板「2ちゃんねる」にもスレッドが立っていて

「かなり遠い存在なっちゃったから悲しいんだけどねw」
「指原様って呼べよ愚民共。今の指原様は2chやってた頃とは違うんだよ」

などといった書き込みが出ている。

   そんな指原さんに対しファッション関係の仕事は似合わない、などとしてバッシングも起こっている。指原さんは2月23日付けのブログで

「すみません。とにかく、すみません。身の程知らずです。JJ、サマンサタバサ…。でも、一生一度のモテキですので、今くらい調子に乗らせてください…」

などと書いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中