オセロ中島に引っ越し騒動 リサイクル業者が出入り?

印刷

   マインドコントロールされているのでは、と心配されているお笑いコンビ「オセロ」の中島知子さん(40)に引っ越し騒動が持ち上がった。2012年2月23日、リサイクル業者が、中島さんが入っているマンションから、ソファや家電などの家財道具を運び出したのだ。一部のワイドショーやスポーツ紙は引っ越しの準備ではないか、などと報じた。

   24日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)によると、運び出されたのはソファやコンソール(花瓶を置く台)、家電、八角形の鏡、木製の棚などトラック2台分の家財道具だ。中島さんのものだとすると、生活に必要なもの以外から「処分」しているように見える。

130万円のソファに、FENDIの花瓶置き

   家具はどれも高級品ばかりで、一番目を引くピンク色のソファは、フランスの有名家具ブランド「リーン・ロゼ」の「TOGO(トーゴ)」という製品だ。同社のホームページを見ると、「2人がけサイズ」は1番安くても14万円は下らない。今回中島さん宅から持ち出されたのは5点セットのため、ある中古販売業者は「販売価格は約130万円になるでしょう」と話す。

   また、コンソールもイタリアの有名ブランド「FENDI」のもので、約50~60万円もするそうだ。

   しかし、引き取り額となると、通常販売価格の1割が相場で、高く見積もってもソファは30~40万円、コンソールは10~15万円にしかならない。引っ越し準備というよりは「当座の資金」が必要になったのではないかというのが、番組の見方だ。

   番組のコメンテーターでもある芸能レポーターの前田忠明さんは「引越しじゃないと思います。全部お金に変えたいんだなと思いました」とコメント。また、「これだけ報道されてしまっては(入居を)どうぞという人がいるでしょうかね。(引越しは)難しいと思います」と予想した。しかし、荷物が中島さんのものとは確認できないこともあり、真相はまだやぶの中だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中