NHKディレクターを麻薬所持容疑で逮捕

印刷

   警視庁は2012年2月25日、自宅で違法薬物を所持していたとして、麻薬取締法違反(所持)容疑でNHK編成局のディレクターの迫間崇容疑者を逮捕した。

   報道によると、東京都内の自宅で2月15日、「ゴメオ」と呼ばれる麻薬を所持していた疑い。迫間容疑者はハワイに入国した際、違法薬物を所持していたとして捕まり、罰金刑を受け国外退去処分となっていた。警視庁はホノルルに捜査員を派遣し、日本への移送中の飛行機の中で逮捕した。

   迫間容疑者は調べに対し「違法だとは知らなかった」と一部容疑を否認しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中