震災で「5人餓死の疑い」の真偽 NHKニュースに疑問の声も

印刷

   震災で福島県の避難区域内で餓死した疑いの強い人が少なくとも5人いると、NHKが報じた。

   国会などでも取り上げられてはいるが、関係者からは、その根拠に疑問の声も出ている。

「福島県の医師が判断した」

解剖結果の根拠はないが…
解剖結果の根拠はないが…

   餓死について2011年5月から、国会で追及していたのは、自民党の森まさこ参院議員だ。

   それによると、福島県のある医師から、被災地の南相馬市などで2011年3月下旬から4月上旬にかけて、12人が餓死したとの情報提供が森氏にあった。

   しかし、南相馬市の市民課では、震災後に「衰弱死」した人が少なくとも7人いるものの、これが餓死に当たるかは分からず、厚労省でも餓死は聞いていないとしていた。

   ところが、NHKは12年3月5日夕のニュースで、「餓死の疑い」をかなり断定的に報じた。それは、福島県内の自治体や警察などからの取材結果からだとした。原発から5キロのところで70代男性が自宅2階で亡くなっているのが見つかり、1階は津波被害を受けていたという。また、6キロのところでは、1人暮らしで足に持病のある60代女性が部屋のこたつの中で亡くなっていた。自宅に取り残されたまま、自力で避難できず、助けも求められなかったのではないかとしている。

   ニュースでは、福島県の医師が、これらの人を餓死の疑いが強いと判断したとした。いずれもやせ細り、ほとんど食べ物や水をとっていないことがうかがえたのが理由だという。

   また、日本法医学会が福島県内の津波被害の現場で見つかった遺体の死因を調べたとした。学会では、死因究明に問題点があり、そのあり方を検討しているとニュースで紹介している。

遺体の解剖はできていない

   NHKの報道では、法医学会が餓死の疑いのある遺体を調べたとも解釈できる。しかし、NHKにコメントした理事の岩瀬博太郎千葉大大学院教授は、J-CASTニュースの取材に対し、こうした遺体の死因調査を学会として行っていないことを明らかにした。

「NHKのニュースは、ちょっと間違っていますね。誤解される報道ですよ。死因についてのデータは持っていませんし、餓死した疑いの認識はまったくありません。それについては、まったく分からないです」

   それは遺体の解剖などがまったくできていないからだと説明する。岩瀬博太郎教授によると、学会としては、そうしたことへの反省があり、もっと早く初動から駆けつけられないかどうか、対応の仕方を検討しているだけだという。

   5人の餓死疑いという報道は、どの程度の根拠があることなのか。

   NHKが挙げた福島県の医師に取材すると、診察中で忙しく、電話では対応していないとのことだった。

   一方、NHKの広報部では、餓死疑いについては、福島県の医師の判断が根拠になっており、放送した通りだとした。解剖をしなくても、医師がそう判断することもあると言う。

   日本法医学会が餓死の疑いのある遺体を調べたと解釈できることについては、「報道では、そうは言っておらず、あくまでも津波被害の現場で見つかった遺体について調べたとしています。よく読んでいただければ分かることで、うちとしては誤解を招く表現とは考えていません」とした。

   もっとも、餓死者がいた可能性がまったくないわけではない。

   NHKが挙げた福島県の医師にJ-CASTニュースが2011年6月に取材したところ、医師は、食べ物や水が与えられず、餓死や衰弱死のような自然死のケースが数人いたことを明かしていた。いずれもミイラのようにやせ細った状態だったという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中