公務員の退職給付、「民間より400万円多い」 人事院調査

印刷

   人事院が2012年3月7日に発表した退職給付額の官民比較調査によると、退職金と公的年金への上乗せ分の合計は、国家公務員の平均が民間を約400万円上回った。国家公務員は2950万3000円、民間は2547万7000円だった。

   内訳をみると、官の退職手当は2707万1000円、民の退職金は1041万5000円だった。年金上乗せ分は、官(職域加算)243万3000円、民(企業年金)1506万3000円だった。

公務員退職手当「引き下げ法案」提出へ

   今回の調査は、官の職域加算見直しの一環で、財務・総務両省が要請した。厚生年金に上乗せされる企業年金は別途掛け金が必要となる一方、職域加算では不要だ。同様の調査は2006年にも実施しており、その際は民間が約20万円多かった。

   民間の実態調査は、正社員50人以上の企業が対象。回答があった3614社(回答率約57%)の全体ではなく、回答した社のうち退職給付制度がある企業(93.5%)の平均を出している。

   川端達夫総務相は2012年3月7日、調査結果を受け、国家公務員の退職手当の給付水準を引き下げる法案を2012年度中に国会へ提出する方針を表明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中