有料衛星放送「見放題」に 5万円「海賊版カード」が流通

印刷

   デジタル放送の受信機に差し込む「B-CASカード」の海賊版がネット上で販売されていることが明らかになり、波紋が広がっている。B-CASカードは、有料放送にかけられた暗号(スクランブル)を契約者が解除するために不可欠だが、海賊版では、全チャンネルが見放題になってしまうからだ。どんなカラクリなのか。

   問題とされているのは、「BLACKCAS」(ブラックキャス)と呼ばれるカード。B-CASカードが赤または青なのに対して、ブラックキャスは黒い色をしているのにちなんだようだ。

有料放送の暗号が破られた?

   販売が始まったのは2012年に入ってからだとみられ、専用ウェブサイト経由で申し込む。

   ウェブサイトによると、価格は現時点では4万9800円もするが、ブラックキャスでは、WOWOWなどのBSとCS110度(スカパー!e2)の全チャンネルが半永久的に見られると宣伝している。これらのチャンネルを全て契約した場合は月額で3万6661円かかることから、2か月以上使った場合は割安になるとの主張だ。

   ユーチューブ上では、BSデジタルのチューナーに差し込まれているB-CASカードをブラックキャスに差し込んで、実際に動作させる様子を移した動画が複数公開されている。ブラックキャスの製造者がB-CASの暗号の仕組みを解読した結果、有料放送が「見放題」になってしまっている可能性が高い。

   それだけに放送業界に対する影響は大きく、3月2日には、放送局4社が「厳正に対処する」などとする声明を発表したほか、3月6日には、川端達夫総務相が

「これは許し難いことなので、放送コンテンツの保護ということから、我々はしっかりこれを防がなければいけない」

と、対策に乗り出す考えを明らかにしている。

台湾から国際郵便で発送

   放送局側は、ブラックキャスの製造者が「不正競争防止法違反に当たる」などと主張しており、刑事告訴を視野に入れている。これは、同法で定める「技術的制限手段回避装置提供行為」を念頭に置いているとみられる。11年2月には、任天堂のゲーム機「Wii」で海賊版ソフトを動かすための改造を請け負った福岡県北九州市の男が、この容疑で逮捕されている。

   なお、このブラックキャスのウェブサイトにはメールアドレス以外連絡先は記載されておらず、代金の支払いも「ペイパル」と呼ばれる決済システムを利用している。つまり、製造者の素性は明らかではない。ただし、ブラックキャスの購入手続き後、製品は台湾から国際郵便で送られてきていることから、台湾で製造されているとみられる。このことも、法的な対策を困難にしている。

   ウェブサイトには2月24日には「売り切れ」との告知が掲載され、品薄状態が続いているが、3月10日夜には、販売を再開するという。これ以上ブラックキャスが出回れば、放送局側は新たな暗号化対策を迫られる可能性もある。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中