1月の携帯電話出荷台数、スマホ新機種で前年比24.2%増

印刷

   2012年1月の携帯電話・PHS端末メーカーの国内出荷台数は、前年同月比24.2%増の243万8000台と2か月連続でプラスだった。電子情報技術産業協会(JEITA)と情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)が2012年3月13日に発表した。

   この冬の商戦でスマートフォンの新機種が充実したため、スマホへの買い替え需要が拡大したことが要因とみられる。携帯電話が28.2%増の233万4000台と2か月連続のプラス。PHSは27.4%減の10万4000台で、3か月連続でマイナスとなった。

   なお、統計は国内メーカーが対象なので、人気が続く米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などは含まれていない。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中