「何卒」を「なにそつ…」と間違う 女優、山田優の結婚会見が話題に

印刷

   女優の山田優さん(27)が、結婚報告会見で、新郎で俳優の小栗旬さん(29)からの手紙を読み上げる際、「何卒(なにとぞ)」のところを「なにそつ、お手柔らかにお願い申し上げます」と読み間違えてしまった。

   会見翌日の朝には、「なにそつ」の場面を放送した情報番組もあり、ネット上で「なにそつ」がちょっとした話題になった。読み間違いに批判的な声もあるが、「なにそつ」と耳にしたことがあるという報告が意外とあったり、中には「今年は『なにそつ婚』が流行る!」という予言が飛び出したりしている。

「なにそつ、お手柔らかに」

   山田さんは2012年3月14日、東京都内で結婚報告の会見を開いた。小栗さんは海外での撮影のため、山田さんが1人で対応し、推定800万~1000万円とも報じられる婚約指輪を披露するなどした。

   小栗さんから預かった手紙をいすに座って読み上げた山田さんは、終わりの方で「なにそつ、お手柔らかにお願い申し上げます」と、「何卒」のところを読み間違えた。そして「本日はお集まりいただいた事を重ねてお礼申し上げます」と一旦締めくくった。

   自分で間違いに気付いたのか、その後、2秒もたたないうちに「しまった」というような表情を浮かべ、「なにとぞだった、すみません」と笑顔で「修正」した。

   翌朝のテレビ情報番組などで「なにそつ」の場面が流れると、ネット上では様々な反応が出た。中には、過去の個人ブログの中から「なにそつ」と間違った読み方を耳にした例を集めるサイトも出てきた。

   ツイッターでは、「どう考えたって、なにそつ、と読まないだろう?!?!」「もう少し教養を」とお小言系のつぶやきもある中、

   「後からテヘ!ってなったのがかわいかった」「こういうところに小栗旬は惚れたんだろーな」「ドンマイ」

と好意的な声も並んだ。「美男美女のお似合いカップル、今年は『なにそつ婚』が流行る!」という反応もあった。

地下鉄車内放送で「なにそつ」報告も

   沖縄出身の山田さんの弟、山田親太朗さん(25)は、おバカタレントとして知られているだけに、「弟があれだから(読み間違いは)むしろ自然」と受け止めた人もいた。

   「なにそつ」の響きが気に入ったのか、山田さんの話題を取り上げた後、自身のつぶやきを「なにそつ、よろしく」で締めくくる人も出ている。「なにとぞ」よりも気さくな感じがする、という指摘もある。

   過去の個人ブログでは、ライブハウスでアナウンスの女性が、「(募金を)なにそつ、よろしくお願い致します」「(節電へのご協力を)なにそつ、よろしく…」と繰り返していたといった報告もあった。

   ほかのブログによると、地震で停車した地下鉄の車内放送で「なにそつ、ご了承下さい」と何度も言っていたそうだ。ほかにも似た例があり、山田優さんが特別というわけではなさそうだ。

   サイト「goo(グー)」の「実は…間違えて音読していたコトバランキング」(2007年実施)をみると、上位には「仇(あだ)となる」(3位)などが並び、「何卒」は30位までには入っていなかった。

   山田さんの会見で注目を集めた形の「なにそつ」は、2012年の新語・流行語大賞の候補に選ばれる可能性はあるのだろうか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中