「東電の値上げは断れます」 河野太郎のブログ発言が波紋

印刷

   自民党の河野太郎衆院議員が自らのブログで、東電の電気料金値上げについては断ることができると発言して、驚きの声が広がっている。あくまで企業など大口顧客についての話だが、東電では、発言についてコメントするのを控えている。

   河野太郎氏によると、値上げを断れると判断したのは、東電から手紙が来たことからだった。

あくまで企業など大口顧客の話と追記

発言内容は本当なのか
発言内容は本当なのか

   「電力料金値上げのお願いにつきまして」。こう題した手紙が東電の支社から届き、そこには2012年4月1日から値上げしたい趣旨とともに、新料金に了承できないときは、3月30日までに連絡がほしいと書かれてあった。

   そこで、河野氏が東電に電話すると、「これはあくまでお願いです」と話したというのだ。そして、「ご契約終了までは、現在の電力料金で電気を送るのが基本です」と河野氏に説明した。

   連絡しない場合は、勝手に値上げするのかとただすと、その場合は、折衝すると答えた。ただ、新しい契約書は特に作らないという。

   これに対し、河野氏は、手紙が来たとしても、「現在の契約期間が終了するまでは、値上げに応じる必要はない」と突っぱねた。東電が折衝するとしているのは、「非常に怪しい」とし、値上げがイヤなら、「専用ダイアルに電話して、契約期間内の値上げをお断りしておいたほうがいい」とまで言い切った。

   河野氏が15日にブログを書いたときは、企業などの大口顧客の話と限定していなかった。その後、一般家庭の電気料金も7月から10%値上げされる見通しが報じられているため、その値上げも断れるのかと憶測を呼んだ。ツイッターでこの点を指摘されると、河野氏は、大口顧客の話だと急きょブログに追記を入れた。

   大口顧客の電気料金は、個別契約で決める自由化部門とされており、東電が値上げについて「お願い」と言っているのはそのためらしい。

真偽不明だが、実際に断ったとのツイートも

   大口顧客の値上げについては、代替火力に使う原油が高騰しているなどを理由に、東電が2012年1月17日にすでに発表している。契約電力が50キロワット以上の企業などは、1キロワット時当たり2円超の値上げになる。平均すれば、17%の値上げになる計算だ。

   しかし、大口顧客となる各自治体から強い反発が出ているほか、一部の商工会議所からは不払い運動も出ている。長引く不況の中だけに、このほかの企業や団体などからは、値上げに反対する声も上がっている。

   こうした中で、河野太郎氏の発言を受けて、断れるなら値上げを断ろうとする声もネット上で漏れている。ツイッターでは、実際に断ったとの報告もあり、「これ本当。丁度昨日ウチの工場がやってた」「本日子会社で実行。契約は7月迄なので値上げ分の約25%削減に成功」と真偽が分からない情報が出回っている。

   東京電力に、河野氏の発言についてどう思うか聞くと、広報部では「趣旨は分かりますが、詳細を把握していませんので、何とも申し上げられないです」と話した。実際に値上げを断れるのかについては、こう言う。

「お客さまには、ご説明申し上げてご理解いただけるように努力します。契約ですので、協議が整わないこともあるかもしれませんが、そうならないように話し合いたいということです。それでも協議が整わないときについて、どう対応するかは今のところ決まっていません」

   連絡がない場合は値上げするかについては、「どのお客さまに対しても、ご説明が大前提ですので、手紙を送って終わりはないと思います。しっかりお話しさせていただきます」。

   実際に値上げを断る連絡が来ているのかについては、回答を差し控えたいとした。「納得がいかないという声があるのは当然だと思いますので、しっかり受け止めさせていただく」としたうえで、値上げ拒否の場合について、「ご理解いただけるように努力します」と繰り返している。

結婚A

   長年に渡り支持される理由はどこにあるのか。「相談所で働くスタッフから見た婚活の舞台裏」を聞いた。続きを読む

PR 2016/7/07

インヴァスト証券

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1のインヴァスト証券に聞くと......続きを読む

PR 2016/7/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中